日本JW市場②

確か3年くらい前にも書きましたが、キリスト教圏ではない日本JW市場では、エホバの証人から「聖書」を知った、という事実が足かせになる場合があります。

エホバの証人は「自分にしてほしいと思うことは、他の人にもしなさい」というイエスの教えをひっさげながら、見知らぬ人の敷地に立ち入ってインターホンを押す、という自己矛盾した活動をしています。(宗教目的で見知らぬ人に押しかけきて「ほしい」と思っている人などいない)

人の迷惑お構いなく、「家から家」という独自の字義解釈を一方的にアピールしているだけで、福音を語っているのはエホバの証人だけではありません。

ただ、キリスト教関係者もそれなりに頑張ってはいるのでしょうが、ここ日本では、エホバの証人から「聖書」を知ってしまった人に対しては、彼らより先にその人に「普通のキリスト教」を伝えることができなかった、という事実は存在します。


といっても「誰」きっかけで聖書に興味を持つようになったのか、に囚われる必要もない。

カトリックの人との接点がきっかけで聖書に興味を持つようになった人は、ローマ教皇に永遠の忠誠を誓わなければならないんでしょうか。


もしからしたら、今でも1万人に一人くらいは、JW訪問に感謝するお人好しな方もいるかもしれませんが、カトリック信者にもいろんな人がいるように、たまたま、わりと話の分かるエホバの証人と多少意気投合したところで、「その人」に感謝するのはまだいいとして、ローマ教皇だろうが、JW組織だろうが、無条件の服従を誓わされる筋合いもない。


「組織」とやらを必要以上に悪者にしなくていいし、特別視しなくてもいい。

過去のものみの塔が言っていることを再び引用します。

『こうして非常に多くのふさわしくない魚(JW)が集められましたが、それらの魚は神の是認を受けませんでした。しかし少なくとも、数多くの非キリスト教徒(日本人)が聖書に、また腐敗したものであるとはいえ一種のキリスト教に接することができました』(1997年も塔)

単純に、それだけのことです。日本ではこのブーメラン現象が起きています。


それでキリスト教関係者の方々には、エホバの証人が「大いなるバビロン」や「世の人」をこきおろすのと同じやり口=悪口メインではなく、「組織」に依存しないキリスト者本来の信仰のあり方を伝えてほしいですね。JWの問題点は比較対象として指摘するくらいがよさそうです。

自分が覚醒できたのも、このブログにも書いてきた、こんなどうしようもないエホバの証人相手でも悪口を言わない芯のある宗教者たちとの関わりがあったからです。自分(たち)の目の中の垂木、とあるように、非経験者から悪口を並べ立てられると頑なになる人もいます。


宗教とは、コミットしたことがなければ本当に「知った」ことにはならない、と言われる領域です。それで悪口を言ってこきおろすのは、このブログを含め、酸いも甘いも体を張って知り尽くした経験者たちにお任せください(笑)。

悪口を言うのもかったるくなってきましたが。

日本JW市場①

日本ではキリスト教はマイナーなので、エホバの証人との関わりで初めて聖書に接点があった、という人も多い。

もちろんそれは新世界訳なのですが、エホバの証人はキリスト教ではない、との指摘はあっても、新世界訳は聖書ではない、とまで言う人はいないようで、「独自の聖書」と言われるくらいです。

独自解釈に都合よく訳している、のは事実としても、「聖書ではない」とまで言ってしまうと、その聖書自体がどうなの、新約は旧約をキリスト教に都合よく解釈引用してないの、どこからどこまでがオリジナルで、どこからが加筆なの外典なの、とツッコまれてしまうからかもしれません。


さっそく話を戻します。

エホバの証人はキリスト教に寄生して増殖し、中でもお得意様はカトリック圏です。

シンプルにミサを重視するカトリックは、厳かで雰囲気のある教会で恭しく「イエスの御体に与る」ことで、信者の霊的必要(JW風に言うと)を満たす手法では手堅いようです。

JWは、そのカトリックの悪口や過去の悪行を並べ立て、聖書をテキストや字引きのように使うことがないカトリック信者に独自解釈で議論をふっかけては揺さぶり、勧誘します。

プロテスタントはもともとカトリックから枝分かれしていて、カトリックのような世界規模の単一組織にもなっていないので、悪口が見つけづらい。

そしてプロテスタントも聖書から理論武装しているので、平行線になる。


なかなか話が戻りません。

つまり日本というエホバの証人市場では、特殊な逆転現象が起きています。

エホバの証人から「聖書」を知った人にすれば、「背教者」たちはキリスト教関係者(プロテスタント系)と結託して、エホバの証人の悪口や問題を並べ立て、自分たちの信仰を揺さぶろうとしている、と映ります。

エホバの証人がカルト、少なくとも、ものみの塔自身がかつて定義したカルト要素にブーメランのごとくがっつりあてはまっているのは事実です。

が、そのエホバの証人と同じやり方で「逆勧誘」しようとしている、という印象を与えかねないアプローチは逆効果になる場合があります。


ある牧師はイスラム教について、内部から神学議論が起きて自己改革されるのを待つしかない、と語った。確かにキリスト教側が、異教徒や異端者に対して、現在のイスラム過激主義よりも恐ろしい仕打ちをしていた時代は遠い過去になっています。

ただ、政教分離がむしろ隠れ蓑になってその影響が見えにくい、のはあるかもしれません。極端な例ですが、ブッシュ大統領を称えて子どもを洗脳するジーザスキャンプの動画を見ると、日本の某幼稚園が試みていた教育と重なって見えてしまう。


誰に向けて書いたのかよく分からない内容になりましたが、エホバの証人もすでに「内部から」覚醒者や脱塔者が続出しているので、ほっておけば勝手に自己衰退するでしょう。

全知のカラクリ

前記事の続きです。

ジュンカイに垂れ流されたところで、やはり何の解決にもなりません。彼らは、地元チョウロウに輪をかけて社会経験がなく、むしろ社会常識からもっと乖離しています。

彼らに「気遣われる」ことで得られるのは、「よりエホバに用いられている=よりエホバ様に序列が近い人」 にお声をかけられた、というありがたい錯覚だけです。

ジュンカイも、その情報を支部に垂れ流すことで評価を得ます。

そして支部はそれを本部に上申します。

本部が欲しいのも 「情報」 だからです。

その情報をもとに、記事や映像の制作にせっせと精を出します。

すると純粋信者は 「まさに自分の状況を知っているかのような内容だ」 となります。

そりゃそうだよ、キミたちがチョウロウに打ち明けたことが、裏では全部プライバシー関係なく垂れ流されてるんだから。製作費も全部キミたちが出資したんだよ。


聖書に対してそういう感情を持つなら、まだ分からなくもないです。自分が生まれるよりはるか前に成立した文献だし、自分たちが出資して世界に広めた訳でもない。

自分たちが情報(ネタ)も、カネも出して、それでカミ様からだ、と思えるメンタリティーがすごい。そのネタやカネを材料にして、現代人が制作した雑誌や映像やwebサイトをありがたがるなんて、普通に偶像崇拝だよね。皆から材料を集めてアロンが作ったありがたい金の子牛だよ。

自分たちの労働と上納金で成り立っていることが、すべて首領様の栄光と賛美に結び付けられてしまう某国と、構造は全く変わらない。


ウォーウィック宮殿の統治体様たちも、もうそれを隠そうともせずに 「まさにエホバが今の自分のために書いてくださった記事だ、とお感じになったことはありませんか?いやあるだろ?」 とドヤ顔で放言します。

厚顔無恥、とはこういうことを言うのでしょう。

特に最近は、JWorgがその 「象徴」 になっているようです。

会衆を 「炎の目」 で観察するイエス様の代理人気取りなのです。

全知の神様を祀り上げる専属代理店が裏で回す内密情報管理システム。


つまり、聖書なんか実はどうでもよくて、組織としての宗教団体を維持し、統制し、権威付けるために使っているだけの道具なんですね。

情報収集

チョウロウたちの「気遣い」とは情報収集のことです。

個人情報を提供するだけの「気遣われる」側のメリットと言えば、チョウロウにお声をかけられた=エホバ様に気遣われた、という錯覚だけです。

社会常識も社会経験もないチョウロウは、「この世の常である試練」 (コリント第一10:13) に役立つ知識も経験もプラクティカルなアドバイスも、持ち合わせてはいない。

お悩み事がなんだろうが

祈れ
聖書読め
集会休むな
布教も欠かすな

を言えばいいだけの簡単なお仕事です。というか、それしか言うことがない。

JW流に「王国を第一」にすれば万事は上手くいくのです。しかもイエスの語った「王国を第一」が、JWの独自宗教活動を万事に優先させる、に狭められ、いや歪められてしまっている。

しかし現実には、そういう意味で「王国を第一」にすると万事が上手くいかない。常に「自分は十分にできていない」罪悪感を持たされる、チョウロウや周りの目を気にしてストレスはたまる、無自覚に心身は削られる、非信者家族との関係も悪化する、会社や学校で変わり者扱いされる。

そうやって人生を削る「犠牲」の対価として得られるのは、「エホバの証人であり続けるためのメンタルが強められた」という錯覚だけになる。

しかしその錯覚が彼らにとって何よりも重要だったりする。自分たちだけが、やがて天使総動員による人類大虐殺から救われて永遠の命がもらえる、という錯覚と同値だからです。


話を戻します。


では、表向き「気遣う方」のチョウロウ側のメリットとは何か。

自分の気遣ったヒツジが、「エホバの証人であり続けるためのメンタルが強められた」のを見て、自己満足という形のエクスタシーに浸る人もいます。こっちも錯覚です。

これはまだ純粋で、この宗教に汚(ヨゴ)されていない部類の人です。


かたや、トッケン志向のチョウロウにとって具体性のあるメリットは「情報量」です。

中には、ヒツジと純粋に友になり、その信頼関係から打ち明けられたことを、安易に他のチョウロウやジュンカイには垂れ流さない人もいます。

しかし大抵のチョウロウは気遣うフリをして収集した情報をジュンカイに垂れ流します。すると情報量の多さ=普段からヒツジに「声をかけている」「気遣っている」評価になるからです。

続きます。

真理の贖い

設定はアレンジしてあります。


その子は、奉仕集会やめるとサタンの餌食になる、ハルマゲドンで滅ぼされる、と幼少期から脅され鞭打たれ、離れたくても「サタンの世」でも馴染めずに病んでしまい、呼ばれた時には異様な形相で「エホバごめんなさいエホバごめんなさい」「サタンあなたが勝ちましたサタンあなたが勝ちました」としきりに叫んでいた。


病んだ2世が親への恨みで包丁を手に脅す現場に仲裁に入るなど、似た事例は行く先々で幾度も「扱った」ことはあったが、「彼」を見たときに、これまでとは違う「何か」を直観した。


重い話になるので細かく書きませんが、その通りになった。


宇宙主権論争解釈などというくだらない「真理」がこの子の命によって贖われ、彼の命を贖うものは何もないのか。


たかが、いち新興団体の独自戒律を守るか守らないかで、「エホバ」と「サタン」が人を奪い合っているなら好きにやればいいし、そこに付き合いたければ付き合えばいいが、せめて大人が自己責任でやってることに、子どもは巻き込まないでほしい。



「突如生じた怪物は、宗教を語りながら、本来あるべき人間の喜びや自由を押し潰したこと、声に出せない苦しみをどれだけ理解して寄り添えるか、それが問われていることを意味していたのです」



あるJW系サイトで、同じような「何か」を目にした方の書き込みです。



然り、アーメン
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR