宣伝ですか

初期のキリスト教が広まったのは「宣伝」よりも「口コミ」に近いと思います。

誰もがパウロのようなアグレッシブな布教者だったこともなく、彼やフィリポのような布教者が行く先々で民衆に語る福音と行う「しるし」が話題になり⇒ 口コミで広がる、という感じです。

「宣伝」とは何かの組織に属している人が、営業目的でする商行為です。

ある程度いいものだという自覚があってするとしても、基本的には仕事(義務)で、ノルマ(目標)も課せられる。その分の見返りもある。

「口コミ」とは雇用関係にない(利害関係もない)人が、自主的に広めることで生じます。

ものみの塔は後者だと言います。

雇用関係ではない、だから何の補償もしない、というのはまさしく事実です。信者の方は組織のため、と思っていても、組織(協会法人)の方は、ウチのサイトや機関紙見て勝手にやってるだけ、事故や事件が起きても「わたしたちはその人を知らない」と逆否認されてしまう。

ガイ・ピアースはおんどりの鳴き声を聞いたか (近日公開)

本当に話題性のあるものは、その団体の構成員よりも、構成員ではない(利害関係がない)人によって良くも悪くも広まるものです。それが口コミです。

良い評判でも、悪い評判でも、それを聞いた人が自分で確かめてみたいと思う。

イエスの初臨も、良くも悪くも彼の噂(口コミ)はユダヤ人社会を二分した。「ユダヤ人社会」の終末だったのでローマ側の史実では言及がない(数十年後のタキツス他がわずかに言及)。


でもJWの場合、良くも悪くも利害関係ががっつりある人によってしか広まらない。

も塔がなくなると困る擁護者か、なくなってほしい批判者です。


利害関係のない大多数の人は知らない、関心もない。

一応は三大異端と評価?されているので、その他2つと似たり寄ったりの知名度はありますが、その程度でJW宣伝が世の滅亡前兆だ、と言われても説得力ゼロです。

キリスト教系の新興集金団体としては、それなりに役立っている歯車の一つでしょう。


主力英語圏のようにJW問題がメディアでもっと報道されればいいのに、という人もいますが日本では必要ないと思います。わずかな利害関係者には死活問題でも、それ以外の大多数の人は興味がない、あえて知る必要もない。何も知らずに勧誘を受けた人、何も知らされずに育てられて迷い始める2世も、ネットの口コミや解釈検証を少し見れば十分です。

ゴリゴリ信者はメディアで叩かれると「アッシリア人の攻撃だ」と活気づきそうです。

改革的批判

改革派という立ち位置。

JW信者(もしくは元JW信者)のコミュニティーに愛着があるのかないのか(度合いは異なる)、純粋な信者たちには都合のいいことしか知らせずカネ集めに忙しい、「恐れを生じさせる奴隷身分の霊」(パウロ)を刷り込んで支配する組織運営に腹立たしい、だから改革したいのか。

聖書にも愛着がある。信仰も持ち続けたい。

それもありです。

その一方で、聖書の批評的研究をすることで、「聖書」の隅から隅までの一字一句を権威として絶対視する根拠がないことに気づいた結果、組織支配から醒める人もいます。

それもありです。

JW経験者だけでなく、キリスト教経験者でも後者が主流になりつつあります。それは人の良識の進歩、科学知見の進歩、数々の写本や古代文書の発見に基づく膨大な比較研究の集積による知識考察の進歩がもたらしたものです。

それを信仰の冒涜だと頑なに言い張る人には、神の像として創造された人のポテンシャルを否定する字句主義者の隷属的原理思考(恐れを生じさせる奴隷身分の霊)や、そこから派生したWT解釈の影響が色濃く残っています。

JWはもともとが少数信仰です。

なぜ表向き性格がよさげな人が集まるのか。それは仲間外れの子を放っておけないタイプの「いい人」たちで、勧誘とは人の良さや同情心につけ込むのが常です。

「そういう人たちが集められている=聖書を学ぶとこんないい人になる」のは「そういうタイプの人たちがターゲットにされている」だけで、それが〝真の宗教の証し″という宣伝としてさらなる勧誘や信者離脱阻止教化に使われるのは、循環論法で連鎖的に再利用されているにすぎません。

少数者を顧みる、というのは確かに聖書の教えですが、その精神や、もともとの人の良さを「この組織内だけ」に限定させようと仕向けるのがWT協会です。

トッケン路線や自己評判作りに忙しい霊的セレブとは違い、全く純粋な動機で高齢者や子どもに親切にするJWもいますが、組織外の少数者にも同レベルで親切にする人は一人も見たことがありません。これは断言できます。

そのように組織に方向づけられてしまうからです。

同胞のユダヤ人(JW仲間)に親切にすることが部族神(組織神)への賛美と刷り込まれる。

それを否定したはずのイエスの教えから、かい離してゆきます。

原理信仰

「武器を持たなくても、原理主義はもう居場所は無いのかもしれない」
最近、頂いたコメントです。

このブログも聖書の原理解釈や原理信仰を否定する方向に傾いています。

キリスト教書や史的批評、宗教哲学書を読み漁っている影響は、間違いなくあります。

WTからすると、人間の哲学とやらに毒されている、となるんでしょう。WTは人間の知恵、人間的な考え、人間的なやり方・・など、神の像であるはずの人間が持つ知性や創造性や善意、あらゆるポテンシャルを否定します。それは創世記3章の恣意的な解釈に如実に表れていますが、実はそれって裏を返せば、人を貶めて被支配層のマゾヒズムを刷り込む内なる悪魔の主張そのもの、なのかもしれませんが。

さらに言えば、そういうWT教理も人間による原理解釈の一つにすぎない訳ですが。

自分(たち)の解釈のみが神がかっている、という幻想に浸りたい人もいます。

時々荒れるようですが、自分も個人の原理信仰を否定しません。

WT解釈のおかしさに気づいた人が個の原理信仰を貫きたいなら、別にいいと思います。

自分が批判しているのは、原理信仰を利用して他者を支配する宗教権威です。

人を無視する
犯罪を隠蔽する

この延長に「人を殺す」宗教戦争があるのでしょうが、これらは原理信仰を持つ人が集団化して、人や人の権威が命じているにすぎないものを、「神の命令だ」とすり替えることで生じる被害です。

その土壌に原理信仰があるのは事実ですが、今のところ個の信仰まで否定するつもりはありません。

原理信仰は、現実でもネットでも、ますます居場所がなくなっていくでしょう。

でも原理信仰を性急に排除するような傾向も、行き過ぎると過激になります。

信仰者が皆そうだ、というのは全くの偏見ですが、居場所のなくなった一部の原理信仰者が結社してカルト化する、より頑なに先鋭化する、過激な報復手段に出る、ことは現実に起きています。

なので個の原理信仰そのものは尊重したいとは思っています。

6日間創造を信じる、かのユダヤ人信仰者のストレートな信念には素直にリスペクトでした。

ほんとうの信仰者ならこんなブログで揶揄されたところで気にもしないでしょう。

ただ信仰とは何なのか、その対象が本当は何なのか、をWT関係者には考えてほしいですね。

本当に神なるものなのか、聖書なのか

それとも人間の集団なのか、ただの年代なのか、表記なのか

何かの宗教解釈や学問的な知見を 「正しい or 間違い」 とする自分のジャッジなのか


それくらいの気軽さで書いています。

視聴覚教室

JW会館がいよいよ視聴覚教室になるようです。80万円?くらいかかる映像システムの会館への導入を検討するように、しかも費用は「その会館を使用する信者の負担とされている」らしい。まあ大元は統治体の御神託だろうし、もはや日本支部は市役所程度の権限しかないから、手紙の書き方も他人事になっているのかな。

組織への忠実度が高い会衆から順次、実施されてゆくのでしょう。

ほとんどのローカル法人は地元会館の修繕用に積み立ててきた資金を根こそぎ、自発的に(笑)も協会に送金している。多い所では数百万ものカネをかっさらわれている。なぜなら、今後は通常経費の3か月分を超える改装修繕はも協会が面倒を見てくれる、地元で貯める必要はない、いや貯めてはならぬ、と確約したからだ。

でも視聴覚教室化の費用は全額地元負担、さらにその導入は、登記上の名義に関係なく支部の管理財産になった(いつの間に)王国会館の「改装修繕」にあたるため、支部の承認が必要であり無断でスルベカラズ、とのお達しもきているとのこと。

口は出すがカネは出さない、責任も取らない、大掛かりな改装は支部が費用を負担するから最低限の有り金を残して根こそぎよこせ、と放言した口が渇かない内にやってくるも協会の御神託。

神は偽ることができない。

創造主は御心のままに悔やむので、言うことが変わってもそれは偽りではない。

「エホバは恥ずかしいとは感じない」というレット君の名言通り、神に羞恥心はない。

へりくだってその御心に合わせるべきは塵に等しい、罪深き人間だからだ。

送れと言われれば送り、貯めろと言われればまた寄付集め。

エホバ様はその従順を喜ばれ、ハルマゲドンで殺さないでいてくれるそうだ。

これが宗教マゾヒズムというやつか。

かつては、自分たちの区域に、自分たちの王国会館を持つことが何よりの誉れ、真の崇拝の促進につながるとの意識を持て、と炊きつけて数千万の寄付を集め、リストラで合併売却を指示すればそのカネはも協会へ・・え?君たちのじゃないよ、エホバ様に献納したんだから支部の管理財産だよ?車で1時間くらいなら通えるでしょ?と、手のひらを返す。

だったらきちんと、も協会の登記にしてそこで指導監督されていることに責任を取ればいいのに。

生きた人間

自称指導者への無条件の献身・・
そんなこと言ったらキリストは自称指導者ではないのか、という人もいると思います。

WT的に反論すると、イエスは自称指導者なんかじゃない、メシアについての旧約の予言はすべてイエスに成就した、イエスは真にメシアである神の子なり、ということでしょう(旧約の予言が“証明”しているという、旧約側を主な論拠とする手法はWTが好む)。それは神性についての議論を抜きにすればキリスト教でも同じだと思います。

でもキリスト教が真の宗教「かどうか」ではなく、カルト「かどうか」に限定するならポイントはそこじゃないと思います。

その人が自称指導者かどうかは主観・・信じる「かどうか」の問題です。

どんなに自分がそう思う“証拠”を積み重ねた所で、そう思わない人もいます。
それは必然の対立で、地球が丸い「かどうか」のように収束する議論ではない(多分)。

だからWT信者も、「自称指導者への無条件の服従」がカルトの条件だということは知っている、そのことで他宗教を非難することもあるが、自分たちだけは違う、自分の指導者たち=指導の任にあたる人たち=統治体・・は自称指導者じゃない、本当に神に選ばれ用いられている、と信じている。自称「かどうか」を証拠に基づいてジャッジすることが大事だ、という論点にすり替えてしまう。

繰り返しますが、ポイントはそこじゃないと思います。

WTが過去に言及したカルトの条件には、もう1つの要素があります。

生きた人間に従う。その人間は神に選ばれたと主張してはばからない』

キリスト教そのものが、キリストが真に神の子なの「かどうか」という議論を抜きに、カルトではない理由はざっと考えて2つあると思います(素人の大雑把な考察です)。

⇒ イエス本人は「キリスト教」ができる前に死んだ

⇒ キリスト教は書物宗教である

書物宗教の利点は「書いたことは変えようがない」ことです。写本初期の加筆がどうの、翻訳で改変がどうの、という話は別にして今から原文(とされるもの)を変えるのはまず不可能です。

キリスト教含めどの宗教でもカルト化するのは、神やキリストの権威を全面的に代表すると自称する生きた人間が、「書かれている事柄」を意のままに解釈し、神的権威を主張して命令を下し、その指示や命令に対する無条件の服従を要求し始める時です。

某カルトも名前を変え、教祖をまだ神格視しているらしいが、その生きた人間(まだ執行されてないんでしたっけ?)とのリアルタイムの指示命令経路が断たれている限り、以前ほどの危険はないと思います。どの宗教でも危ないのは、生きた人間の誰かが神や初代教祖の生まれ変わりだの後継者だのと称して強力なリーダーシップを取り始める場合です。

信者たちはウチの指導者様に限っては自称じゃない、紛れもなく神に選ばれている“証拠”がある、と思い込んでいるが、ポイントはそういう水掛け論じゃないし、そこに例外はない、それが聖書の教えでもあると思います。

『高貴な者にも,地の人の子にも信頼を置いてはならない。彼らに救いはない』
(詩篇146編、新世界訳)
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR