スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背教者 or 犠牲者?

かつてエホ証統治体は強気にこう書きました。

『あなたを洗脳しようとする何らかの試みがなされたでしょうか。エホバの証人はあなたに対してマインド・コントロールの手法を使ったでしょうか。あなたの率直な答えは,「ノー」であるに違いありません。もしそのような方法が用いられてきたのであれば,エホバの証人を支持するどんな論議にも反ばくする圧倒的な数の犠牲者がいることでしょう』

これは、エホ証はカルトやマインドコントロールの類ではない、という反論での一文です。

今回注目したいのは「エホバの証人を支持するどんな論議にも反ばくする圧倒的な数の犠牲者がいるはずだ」、という方の一文です。

最近の児童虐待の裁判で明らかになったように、エホ証組織は徹底した秘密主義で不祥事や被害を隠蔽し、恫喝に近いやり方で犠牲者の声を圧殺してきました。

児童虐待などの被害は実害があるので訴えることができますが、エホ証の一般的な被害は、脱会しようとしたら監禁されたとか、霊感商法で金をだまし取られたとかの類ではなく、もっと複雑で精神的なものです。

偽りのタイムリミットを信じ込まされて仕事をやめたり進学をあきらめたりして人生を棒に振ったとか、非社会的な戒律が原因の排斥騒動や非信者との離婚で家庭がメチャメチャになったとか、そういうのは全部、「信者が自らの意思で入信して決定した」という正論で片付けられ、どこにも訴えようがありません。お金の被害なら仕事があればまた稼げますが(額にもよる)、失った人生の一部と心の平安はそう簡単には取り戻せません。

組織の中で批判すれば排斥され、他の信者は「組織が排斥した」という理由のみで接触を禁じられるので、声を上げる手段そのものが限られていました。

今では、インターネットという手段があります。少し検索するだけでも、エホ証のカルト的な要素によって苦しめられた「圧倒的な数の犠牲者」の声を聞くことができるようになりました。

インターネットでポルノを見ることについては、毎号のようにどこかに出てきますが、インターネットで被害者の声や批判の声を聞くことについては、そんなものが存在しないかのようにほとんど言及がありません。言及するときも「背教者の情報」のように、自分たちに「カルト」という差別用語が使われると反発するのに、自分たちを批判する人間には背教者というエホ証信者にとって最も強烈な差別表現を使って、一切の情報を拒絶するよう仕向けます。

「インターネットはポルノで溢れている」ことは大げさすぎるくらいに強調したくても、「インターネットはエホ証犠牲者や批判の声で溢れている」ことは絶対に認めたくないのでしょう。インターネットの普及が世界中で進む中、いつまで「犠牲者などいない、ただの『背教者』だ」という強気の姿勢を貫けるでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。