エホ証はカルトか②

エホ証側からのよく聞かれる反論は、1世紀のイエスとその弟子たちだってその定義にあてはめれば反対者たちから「カルト」とみなされていたであろうから、気にしないもん♪というものです。

・生きた人間に従う。その人間は神に選ばれたと主張してはばからない。

地上ではイエスも「生きた人間」で、「神に遣わされた」と公言してはばかりませんでした。

・その自称指導者またはその教えに対する献身が極端で排他的。

イエスは「二人の主人に奴隷として仕えることはできない」と教えました。

・考え方や慣行が急進的で、正常な社会行動に反している。

当時のユダヤ人の神殿が破壊される、というイエスが残した予言は急進的でした。

・(信者でない)友人や家族から孤立する。

イエスは家族より、弟子たちといつも一緒にいました。

・・なので、イエスの行動と教えが「カルト」にあてはまる、なんて至極当たり前のことです。

イエスは本当に神に遣わされた、神の独り子だからです。

全く同じことでも、「自称指導者」がその真似事をして信者を

支配するから「カルト」になるのです。人間の予言は外れることも

あれば、その命令は間違うこともあるからです。


エホ証が残念なのは、イエスの弟子たちと同じことをしようと熱心なのは事実ですが、従う相手がイエスではなく、「イエスによって選ばれたと自称する指導者たち」である、という点です。

1世紀には聖書の予言通り、西暦33年にイエスはメシアとしての奇跡的な証拠を示し、それを目撃した世代が過ぎ去らない内に(37年後)、予言通りエルサレムとその神殿は破壊されました。

他方、エホ証の主張する1914年に聖書的根拠はなく、そこから「1世代」や「2世代」やらと先延ばしにする解釈には何の意味もありません。何度も外れた彼らの予言がそれを証明しています。

まとめ:「自分たちだけが聖書を解釈する権威を持っている」とか「自分たちだけが神によって選ばれている」という排他的な主張をする人間(たち)に追随するなら、そのグループのやっていること全部が偽りで破壊的ではないにしても、「カルト」と言われても仕方ないのでは、と個人的には思います。世界人口の0.1%程度しか信者を獲得していない非主流派の団体ならなおさらでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 GUABELLOさん、聖書辞典を作成するのに興味はないですかね? こちらでこつこつ書いています。https://github.com/mokomoko30/bibledict/wiki

Re: No title

聖書辞典のページ見ました。壮大な取り組みですね。
解釈を書かずに聖書中の事実のみで説明するのもいいアイデアだと思いました。
そのうちものみの塔協会もマネしてきそうですねw

今すぐに参加は無理かもしれませんが、びゅうさんのブログも含め、
定期的に拝見させていただきます。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR