エホバの証人は戒律主義か

エホ証は聖書に直接書かれていない規則を守ることで知られる。

ある擁護系サイトにはこんな反論がありました。超大ざっぱにまとめるとこんな感じです。

「聖書にはっきりと書いていないことに盲目になるキリスト教世界の消極的な態度の方が問題である。エホバの証人は聖書に書かれていなくても、聖書の原則と良心を頼りに積極的に判断する」

・・言っていることは間違っていませんが、擁護系サイトらし論点をずらしは公式サイトに似ている。

「聖書に明確に書かれていなくても、聖書の原則と良心を頼りに積極的に判断する」

これは間違いなくいいことだと思います。でも、だれが判断するんでしょうか。輸血にしても、誕生日を祝うことについても、学校教育の柔道をスポーツとみなすかどうかにしても、聖書にはっきりと書いていません。それを良心的に判断するのは個々のクリスチャンの責任であるべきで、他者はそれを裁かない、それがクリスチャンの一致ではないですかね。

しかし!エホ証の現実は個人の良心・判断で誕生日を祝ったら排斥されますよね?

さらにそのサイトでは元統治体のレイモンド・フランズの手記を引用し、「彼は『聖書の原則を基にして直接書かれていないことでも積極的に判断する』というエホ証の精神を忘れたのか無視しているのか、底が浅い」などと貶めていますが、やはり論点がずれている。

レイモンド・フランズは一握りの権力者=統治体だけが決定し、その決定が他者を裁く(=排斥する)ための権威とされ、個々のクリスチャンは自分の良心を押し殺してその決定に服従せざるをえないあり方がクリスチャンにあるべきではない、と批判してように思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR