新たなる掟

「友のために自分の魂をなげうつこと、これより大きな愛を持つ者はいません」


これがイエス曰く、新しいおきてのようですが、「自分の神」のためじゃなく、「友」のために魂をなげうつ愛、これを超える確からしい真理があるんでしょうか。

旧約律法ばかりに偏重して、「宗教」や「信条」のために命をなげうつ、なげうたせることしか頭にない。そういう教条主義や浄化主義はイエスが終わらせたはずなのにね。

輸血拒否も自爆テロも本質は変わらない。

唯一正しい信条(これが正解)と言い張ったところで、「神の目に正しい」 と聖典から自分や他人が解釈すること、宗教のお偉いさんに教え込まれること、を信じているにすぎない訳で。

そういうのは相対的(お互い様)だよね、ということかと。


律法(聖典)こそが絶対ですか?

その律法の解釈すら49通りあるとユダヤ人も認めてますが。


仮に、全人類の誰が読んでも解釈の余地がない 「完全なる戒律集」 がこの世に存在したところで、人を罪に定める律法(ルール)では人を贖えず、奴隷となる子どもを生み出すにすぎない。

それが、新約が旧約とセットで言いたいことですか。


イエスが剣を投じるために来たとは、自分が所属する枠組み(宗教)の伝統教義戒律に固執する人たちからの風当たりですよね。

自分たちが排他的・独善的・教条的になって買う、まっとうな反感のことじゃない。


聖書研究者の頃はそのスピリットが多少はあったのかもしれないが、ちょっと組織だったくらいで、その狭い世界で自己の組織や教義の絶対視を要求して裁いて、同じことをやってどうすんだ。

マトリョーシカ人形のように歴史は繰り返すから仕方ないんでしょう。


「私たちがある信条の擁護者になるとき、何かが死ぬ・・つまり、神を信じているのではなく、神について自分の信じていることを信じているにすぎない」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR