相対的真理

そんなもんあるか(笑)

宗教間の交流を支持するたちは、多くの場合、だれも「真理を教えているのはこの宗教だけだ」とは主張できない、と考えます。実際、「今日見られる諸問題の多くは諸宗教の排他主義が原因で生じている」と言うかもしれません。(JWorg)

これも、その通りなんじゃないですかね。

その人たちは、真理が相対的だと言っているんじゃなくて、人が知りうる(宗教上の)見識や概念、人がそれらを言葉で表現しうる説明はすべて相対的だって言っているんですよ。

それが宗教者の慎みってもんでしょ。

そんなの空しい不可知論だ!とでも言いますか。


じゃあ新世界訳を引用しますよ。

「すべての人が偽り者であったとしても、神は真実であることが知られるように」

「神の富と知恵と知識の深さよ、その裁きは何と探りがたく、その道は何とたどりがたいものなのでしょう」


これを不可知論と言うなら、聖書は不可知論を教える本ですから。

人としての慎みと限界をわきまえて、排他的・独善的にならないようにね。


そのような意見とは対照的に、エホバは「真理の神」と描写されており、ご自身のことを「わたしは変わっていない」と言っておられます。(JWorgさんの反論)


聖書にそう書いてあるから何なんですかね。なら他にも引用しましょうか。

「これは、水と血によって来た方、すなわちイエス・キリストです。水だけでなく、水と血とをもって来られたのです。そして、証しをしているのは霊です。霊は真理だからです。」

「わたしは道であり、真理であり、命である。」


聖書で語られる真理とは、「地の高貴な者たち」が都合よく思いつく宗教解釈でも独自戒律でもなく、神、キリスト、御霊ですよ。でも3つの真理ではなく、唯一の真理が存在する。それを「さんみいったい」と言いたければ言えばいいし、その単語が嫌いなら使わなければいい。

そんな表記のチョイスに真理は左右されないので安心しましょう。


「宗教の限界を知らぬ者が宗教の変革を試みても、必ずや劣悪な変種になる」

これも、真理ですねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR