情報収集

チョウロウたちの「気遣い」とは情報収集のことです。

個人情報を提供するだけの「気遣われる」側のメリットと言えば、チョウロウにお声をかけられた=エホバ様に気遣われた、という錯覚だけです。

社会常識も社会経験もないチョウロウは、「この世の常である試練」 (コリント第一10:13) に役立つ知識も経験もプラクティカルなアドバイスも、持ち合わせてはいない。

お悩み事がなんだろうが

祈れ
聖書読め
集会休むな
布教も欠かすな

を言えばいいだけの簡単なお仕事です。というか、それしか言うことがない。

JW流に「王国を第一」にすれば万事は上手くいくのです。しかもイエスの語った「王国を第一」が、JWの独自宗教活動を万事に優先させる、に狭められ、いや歪められてしまっている。

しかし現実には、そういう意味で「王国を第一」にすると万事が上手くいかない。常に「自分は十分にできていない」罪悪感を持たされる、チョウロウや周りの目を気にしてストレスはたまる、無自覚に心身は削られる、非信者家族との関係も悪化する、会社や学校で変わり者扱いされる。

そうやって人生を削る「犠牲」の対価として得られるのは、「エホバの証人であり続けるためのメンタルが強められた」という錯覚だけになる。

しかしその錯覚が彼らにとって何よりも重要だったりする。自分たちだけが、やがて天使総動員による人類大虐殺から救われて永遠の命がもらえる、という錯覚と同値だからです。


話を戻します。


では、表向き「気遣う方」のチョウロウ側のメリットとは何か。

自分の気遣ったヒツジが、「エホバの証人であり続けるためのメンタルが強められた」のを見て、自己満足という形のエクスタシーに浸る人もいます。こっちも錯覚です。

これはまだ純粋で、この宗教に汚(ヨゴ)されていない部類の人です。


かたや、トッケン志向のチョウロウにとって具体性のあるメリットは「情報量」です。

中には、ヒツジと純粋に友になり、その信頼関係から打ち明けられたことを、安易に他のチョウロウやジュンカイには垂れ流さない人もいます。

しかし大抵のチョウロウは気遣うフリをして収集した情報をジュンカイに垂れ流します。すると情報量の多さ=普段からヒツジに「声をかけている」「気遣っている」評価になるからです。

続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR