入場券②

で、おまえは認めることができるのか。おまえがそうやって建物を建ててやっている連中が、苦しみを受けた幼い子どもの無償の血のうえに築かれた自分の幸せを受け入れ、そのあげく、永遠に幸せでいることに同意する、といったような考え方を。


いえ、認められません。でも兄さん、兄さんはさっきこう言いましたよね。この世界じゅうに、他人を許す権威をもっている存在なんてあるのかって。この存在はあるんです。何もかも許すことのできる存在が。だれもかれも、すべて、何ごとに対しても。なぜならその存在は、すべての人々、すべてのもののために罪のない血を捧げたからです。兄さんはその人のことを忘れています。その建物だってその人を礎にして築かれるんですし、『主よ、あなたは正しい、なぜならあなたの道は開かれたからです』と叫ぶのは、その人に対してなんですよ。



アリョーシャは入場券を返さなかった。



いろんなクリスチャンとリアルに対話したこともあれば、いろんな本も読み漁ってはみたが、結局、キリスト教という宗教とはこのへんにたどり着いては、何度も戻ってくるものなのかもしれない。



キリスト教の神は「自分の公正の規準」とやらに固執して、我が子が死ぬのを上から眺めている神ではない、ということ。(子どもを殺すくらいならお前がさらにその身代わりになって死ね、ふざけた公正だ)


神はキリストの磔によって人類の苦しみを自ら負った。東方では、苦しむ人の内には苦しむ神がいる。(この小さき者の一人に為したことは、わたしに為したことだ)


「正しい宗教」だから勧誘するのではなく、この福音によって「正しくない」人たちを対価なくして贖い、救う宗教のはずなのに、この団体で教わったことと言えば、キリストの死は親神の自己満規準上の「法的根拠」にすぎなくて、しかもキリストじゃなく組織が唯一の道=経路、その豊満な指導部のご都合解釈による戒律遵守と宣伝活動をやめたら救われないという脅しです。


滅ぼされる、滅ぼされるってね。


(少なくとも、キリスト教で言うところの)真理について言えば、この新興団体によって再発見されるものなど何もなく、むしろその真理は歪められてきたのか。


汝らの主は「ただ一人」キリストのみ。


ここに立ち返ろうとした素朴な聖書研究生のままでいればまだよかったのかもしれない。


ラザフォードの「エホバ」は、いらなかったのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR