増え続ける『残りの者』

エホ証年鑑2013年が公式で公開されていたのでのぞいてみた。

記念式で表象物にあずかった人の数12,604

順調に増えていますね。

1914年から1世代でこの世が終わるはずだったのに、そう言っていた「1914年世代」の統治体のおじいちゃんの方が全員死亡。「世代交代」のために苦肉の策とも言える「14万4千人の募集はまだ終わっていないってことにしました」解釈を発表したのが数年前。

「統治体」は18年ほど前にこう言っていた。

「近年,まだ地上にいる小さな群れの人数はかなり少なくなりました。油そそがれたクリスチャンは,こうなるのが当然であることを知っています。(中略)霊的なイスラエルに証印を押すこの業は明らかに相当進んでいるので,胸の躍るような出来事が間もなく起きることが分かります。一つには,滅びを意味する四方の風が地に放たれる大患難の時が非常に近いに違いありません。(1995年ものみの塔)」

こうなるのが当然」「この業は明らかに相当進んでいる」、だって「大患難が非常に近い」から・・つまり「この数が減る=終末へのカウントダウン」のはずだったのですが・・

今や完全な嘘っぱちですね。

自らを「神の経路」と称しながらこうまで解釈が外れていることに単純な羞恥心すら持ち合わせていないのでしょうか。数千年の歴史がある聖書を看板に掲げながら、10年20年単位でコロコロ解釈を変えられてはね・・

1世紀のクリスチャンが神の目的の理解において成長する必要があったのは事実ですが、先走ったことを「宣伝」して、それを後で繰り返し「調整」したなど、聖書のどこにも書いていないと思うのですが勉強不足なんでしょうか。

アポロが伝えていたのは「ヨハネのバプテスマについてのみ」だった。彼は仲間のクリスチャンから教えられさらに多くの事を伝えられるようになった。自らを「神の経路」と称し、後で「調整」が必要になるような先見の明が全くない解釈を先走って「宣伝」するよう命令する人間は1世紀には1人もいなかった、ということです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR