スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信教の自由①

「する」自由と「しない」自由

法律上、はっきりした区別があるかどうかはよく分かりませんが、後者の方が広いと思います。日本で 「しない」 自由が認められていないのは 「税金を納めない自由」 くらいですかね。

言い方によっては 「赤信号を守らない自由」 も認められていませんが、こちらは赤信号を突っ切って横断する、という行動が伴うので 「する自由」 になると思います。


「する」 ことで裁かれるより、「しない」 ことで裁かれる方がより重いです。

これはJWにもあてはまるが、JWは「する」ことで裁かれる(排斥される)ものはいっぱいあるが、さすがの彼らも「しない」ことでは裁けない。

「開拓しない」「注解しない」「奉仕しない」「集会にこない」など、霊的レベルの低い人というレッテルは貼られるが、それだけで排斥の事由にはできない。


ロシアで制限されようとしているのも 「する自由」 の方だと思います。


「JW.orgロゴを掲げる、も協会関連法人所有の建造物で集まる」自由

「も協会の印刷物を発行し、配布する」自由


このあたりですかね。これが認められていないのは別にエホバの証人やロシアに限ったことではなく、中国もそうだし、イスラム教国は政教分離すらしていない。


言論(表現する)の自由や、信教の自由に含まれる結社(集まる)や宗教活動(布教する)などの 「する自由」 は無制限ではなく、社会の制約を受けるので、その制約の度合いが国によって違うのは仕方ないです。政教分離をスタンダードとするのはキリスト教欧米価値観で、JWが寄生していくらか増殖できたのもその文化圏です。

もしからしたら、第七世界強国が米英だ、みたいな解釈が気に入らないんじゃないですかね。最後の世界強国をロシアに変更して、アメリカ資本ばかりじゃなくロシア企業にも投資運用すれば気に入ってもらえるかもしれませんね。

やり方に違いはあっても権力者は自らと自らの国の権益を考えるのはあたりまえ、自分たちサイドの価値観を認めない国に陳情の手紙を書け、とはどこが中立なのか。自分たちの権益が第一なのはJWも同じで、自分たちの権益が絡まない陳情や署名活動には加わるなと指導して、それが 「中立」 だと思い込んでいるだけですよね。自分たちの権益が絡まない、少数者の権利のために署名する方が、まだ聖書の精神に近い気がする。


話を戻すと、「しない」自由を制限するなら話は別だと思います。


「ロシア正教会の礼拝に参加しない」自由

「プーチンの肖像に膝をついて拝まない」自由


こういう「しない」自由までが奪われて、JW含む他宗派他宗教の人たちが投獄されたり拷問にかけられたり、なら人権問題にもなるが、現状はJW関係者以外にはどうでもいいニュースです。

国際郵便テロで注目を浴びたいのかもしれないが、世間どころか、JWorgロゴや不動産ビジネスまがいのJW営業路線に嫌気がさして、関心がない現役さんも多いのでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。