スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背教者

背教者への強烈な嫌悪。

それは原始クリスチャンから始まり、中世あたりでピークを迎える。

宗教改革が背教で終わらず、プロテスタント諸派はキリスト教として認知されている。

背教だの異端だの騒ぐ時代錯誤な人たちは、寛容になった現代ではもはや化石。

JW含む三大異端?も、特殊なキリスト教系団体として一定規模で存続すると思われる。

そのJWがこの現代で、自らの「背教者」に向ける嫌悪は強烈なものがあります。

何が背教か、とは、何を正統とするか、で決まる。キリスト教の伝統教義を正統とすればJWは背教者になり、JW解釈を正統とすれば、棄教しても信仰を持ち続ける人たちが背教者になる。

信仰そのものを捨てれば、援助対象となる「弱い人」とみなしてくれるようですが。

背教者への激しい憎悪で知られるのは、エイレナイオスです。

新約四福音書の確立に最も貢献した人物とされている。

『イレナエウス,アレクサンドリアのクレメンス,およびテルトゥリアヌスなどの人々は,クリスチャンの聖書を構成する文書をヘブライ語聖書と同等の権威を持つ文書として認めていたことが知られています』 (WT洞察)

新約書簡の正典性を語るときに、WT文献でも真っ先に名前が挙がる。彼は、地に四方があるように、正統なる福音書の数は「四」でなければならず、それ以上でもそれ以下でもあってはならない、と強く主張した。

その信念は師のポリュカルポス譲りで、彼の師は、ルカのみを正統な福音書として認めたマルキオンを 「サタンの惣領め!」 と罵ったという。

彼らが最も重要な神学とみなしたのが「ヨハネ」で、その福音書と同じく「主の愛された弟子」によって書かれたと彼らが伝統的にみなすヨハネ第二の手紙は、この教え=正統派のキリスト論を携えてこない者とは 「あいさつさえ交わすな」 と厳命する。

正統派原始クリスチャンは、彼らが背教とみなす教えを信じる者たちとは、語り合うこと、わずかな接触を持つことさえ、病的な恐れを抱いていた。原始クリスチャン、というより原始的なクリスチャンに倣うJWは、それと同じことを狭い世界でやっている。

イエスを信じていても、そのイエスが1914年にキングに任命された、そしてJWトウチタイのみを「奴隷」として全権委任した、という解釈が 「ちょっと違うんじゃないか?」 と言い始める者は 「まむしらの子孫よ!」 と背教者の烙印を押され、血を分けた家族でも強烈な忌避をくらう。

彼らもある程度、成功している。

教育水準の低い途上国で何も知らない新参者を獲得し、先進国での物言わぬ静かな脱落者は後を絶たないが、まとまった分派だけは絶対に作らせない、という点では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。