jw.orgの不誠実な回答②

『エホバの証人ではなくなった人を避けますか』

これもエホ証が批判される理由の一つ、「排斥制度」についての質問。エホ証指導部もそれを意識してか、除名する時に「排斥されました」ではなく「エホバの証人ではなくなりました」という表現を使うよう指示している。

それで、この質問をする人が知りたい肝心な論点は「排斥された人を避けるのか」である。

■公式ページの回答:『バプテスマを受けてエホバの証人になったものの伝道をやめ,仲間との交友から遠のいている人たちを避けることはしません。むしろ,その人を訪ね,信仰を再び強めるよう励まします』

・・えーと、ただ伝道をやめて集会に来なくなった人を、あなた方は「エホバの証人ではなくなった」と発表するのでしょうか?聞きたいのは「排斥された人」ですよ?

ご丁寧に「しません」を太字で強調することで、全く関係のない論点で自分たちが寛容であるかのようにアピールしている。その後に一応「排斥」にも触れているのですが・・

■回答続き:『ある人が排斥されたものの,妻や子どもが引き続きエホバの証人である場合はどうでしょうか。宗教的な結びつきは変わりますが,家族としてのきずなは変わりません。結婚関係,家族の愛情やかかわりは続きます』

・・あれ?これも信者向けの指示とは全然違いますよ?

ものみの塔2011年2月15日号から:『ある姉妹の成人した息子は,一時期エホバへの愛を抱いていましたが,その後,不法を習わしにするようになり,悔い改めませんでした。そのため会衆から排斥されました。姉妹はエホバを愛していましたが,息子も愛しており,息子との交わりを避けるようにという聖書の命令に従うのはとても無理だと感じました』

・・「息子との交わりを避けるのは聖書の命令」って書いてるぢゃないですか!?

もうこれは完全な「二枚舌」である。

勧誘時には都合のいい情報しか与えず、信者になればその「誓い」を盾にとり、排斥者に対して冷酷無比な忌避措置を取るよう指示され⇒もともとエホ証ではなかった家族・親族も巻き込まれ関係がぐちゃぐちゃに、というのはもう本当にかなりよくある話です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして、突然コメント失礼します。
この公式ページを見た、排斥された家族を持つエホバの証人はどう思うのでしょうかね?
組織は「・・・家族の愛情やかかわりは続きます。」の部分に関して、同じものみの塔の記事の「外部の人々にとって厳しいと思えることでも,それは必要であり,また本当に愛のある行動なのです」の部分を信者に対しては当てはめるのでしょう。
少なくとも外部の人から見たら完全に嘘ですよね。同じサイトからこのものみの塔の記事も見れるので、疑問に思われる方は確認して欲しいです。
http://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/2011129
公式サイトのよくある質問の記事は、一字一句巧妙に考えられて作られてますね。
可能ならぜひ「自分たちだけが救われると考えていますか」の質問についても書いていただきたいです。

Re: No title

コメントありがとうございます。

確かに排斥された家族を「避ける」のも彼らの理屈では「愛」なんでしょうが、
「避けますか」という質問に対して、「愛情やきずなは変わらない」と書くだけ
では、論点をずらしているだけで、答えになっていません。

さらに、その少し前で「排斥者」ではなく「不活発者」のことをわざわざ持ち出して
「避けるようなことはしません」と書くあたり、本当に巧妙な偽善で白く塗り固め
られたかのようなページです。

レイニーさんのリクエストの質問も含め、あと幾つか書いてみる予定です。

No title

はじめまして
家内が子供達が小さい頃入信して熱心に活動しています。
 子供の一人は熱心に勉強して卒業後も週何日か限定的に働いて残りの時間を「奉仕」にささげています。
 もう一人はやはり同じようにしていたのですが、発達障害があり思春期の衝動を抑制できないため何度も問題を起こし母親に訴えられあらためると約束するのですが守ることができず、結局離脱しました。
 「彼は排斥ではなく自分から離れたのだ」というのが母親の主張です。しかし未だに教義に縛られていて絶望に苛まれているようで哀れでなりません。以前から様々な情報や教義の矛盾点を指摘して来ていたので、それ以後もいろいろ話そうとしても攻撃としかとられず歩み寄ることも出来ません。もともと私のコミュニケーション力の不足が家内の入信を招いたので仕方ありませんが。

Re: No title

コメントありがとうございます。

エホ証の情報統制と理論武装に一旦はまり込んでしまうと、そこから抜け出すのは難しいです。「自分たちの信条が攻撃」されることに徹底的に拒否感を示し理性的な会話ができなくなります。

最も効果的なのは、他の宗教の場合もそうですが、まだ理性的に情報を取り入れ、公平に判断できる内に客観的な情報を与えることで、このブログもその目的で書いています。

エホ証の根本的な問題を生み出しているのは、本来の聖書からかけ離れた組織・教義・義務もそうですが、何よりもそれらの教義と、絶対的な服従を要求できる組織を作り上げた指導部である「統治体」です。

それで教義そのものの矛盾よりも、「統治体」が人を支配する権利などなく、また人の救いの経路などに決してなり得ない、ということを理解する方が大事です。この点で「統治体」の呪縛から解かれた元エホ証たちの手記は効果的です。有名な本では「良心の危機」、また最近話題になっている「ドアの向こうのカルト」、さらに「統治体」の権威やそこから生まれた教義の矛盾という視点でまとめられている「エホバの証人研究」といったサイトがあります。

いずれにしても、現時点で熱心に活動している奥様と息子さんは「攻撃」と感じる情報は一切拒否するでしょうから、排斥され、絶望しているもう一人の息子さんに、上記の本やサイトを読むように勧めて、少しでも救ってあげれたらいいですね。

No title

最近ニーチェを知り「アンチクリスト」の超訳「キリスト教は邪教です!」を読み終わったところです。なるほどマジックのタネ明かし、詐欺の詳細を暴いた告発状のようですね。
 活発なほうの子にはこれを読んで活用してほしいぐらいです(笑)、詐欺の事例集は新米詐欺師の教科書でしょう、まだ騙されていない人の方が多いのですから…そしてたくさん信者を獲得して偉くなれば生活に困らないのでは?という親心。一生パートタイマーで平信徒では浮かばれません。しかし平信徒から支配側に行くのは簡単ではないのですか?そもそも権力志向を「悪」とみなすので本人が望まないか、人生の貴重な時間、燃料代、さらに靴底をすり減らしながら。
 一方離脱したほうは大変です、宗教がらみの話題は過敏に反応してしまいます。マインドコントロールでルサンチマンをあおられてセットで提示されていた「楽園」「永遠の命」といったものを取り上げられてしまったのですから。暗記力だけは優れているので未だに新世界訳と冊子の世界を彷徨いながら、現実や新しい考えを受け入れられず苦しんでいます。

Re: No title

確かに、エホ証組織で出世すれば一生仕事をせずに生活が保障される階級にたどり着くことも可能で、そのために布教に精を出す人もいるようです。ただ人数に限りがあり、獲得した信者数だけでなく、評価する人間に気に入られるコネなどの要素が関係していて簡単ではないようです。むしろ、末端の信者のほとんどは、とにかく「組織」の命令を実行していれば「神の楽園」に入れると思い込み、まさに靴をすり減らしガソリンをまき散らし活動しています。

下の息子さんは状況が複雑なようです。先に挙げた本やサイトを読んで、すぐに洗脳から解かれる人もいるので、安易にアドバイスめいたことを書いてしまい申し訳ございません。

エホ証統治体は「輸血」「大学禁止」「仕事はパートタイム」など人の人生や命そのものを左右する問題において、「自分たちが書いたことは神の書いたこと」と絶対服従を要求しておきながら、一たび「組織」を離れ、人生の取り戻しに苦労している人には、「エホバの証人になったのも、やめたのも、あなたの自己責任」と手のひらを返します。残念ながら、奥様の排斥された息子さんに対する見方は、この「統治体」に教化されているようです。

宗教の選択は自己責任ですが、聖書そのものは偽善的な宗教指導者を「盲目の案内人」と呼び、教える側により重大な責任があると教えています。わたしはこの、「理解」だの「調整」だのという言葉で軽々しく人の人生を弄んでおきながら自らに責任はないとするエホ証統治体の卑劣な態度は決して許されるものではない、と確信しています。その偽善を微力ではあっても暴露していくつもりです
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR