慰めが必要

なんか9月に特別号を配るらしく、また何か月ぶりかに一般号を覗いてみた。

前回の「エホバに忠節を保ちましょう!」みたく、最近のキャンペーンて、もう勧誘するというより信者の自己充足キャンペーンなんでしょうか。

彼らが言う「世の人」はそんなに慰めらしきものを求めてますかね。

国によって生活環境は違うし、日本は恵まれている方だと思いますが、それにしてもこの世の方々は、JWのように「理想の楽園」や「完全な健康」なんて夢見てません。そんな妄想してるから今の生活を楽しめず、実現しないことばかりに目が向いてストレスや不安を感じるんじゃないかな。

多少のストレスがあるのは皆同じ、世の中で生きていくには向き合わなきゃいけない現実として受容しているだけで、すべての人に何か神がかった慰めが必要だ、そして自分たちだけがその慰めを伝えることができる、なんて迷惑で驕った考えで自己充足しているのはJWくらいでしょう。


思わず吹いてしまったのが最初の、「だれもが慰めを必要とする理由」です。

これ、JWになるとだれもがこういう慰めが必要になります、という事前告知なのか。


JWになると、失業リスクが高まります (失業してでも布教や集会を優先するよう教化される、最近はそんなビデオ教材ばっかを視聴覚教室で見せられます)

JWになると、結婚破綻のリスクが高まります (「未信者」の家族と過ごす時間より布教や集会を、家族よりもエホバ様への忠節を優先するよう教化される、これでこじれないのは、JWツマが出かけてくれるとむしろ気楽な冷め切った夫婦くらいで、信者同士の夫婦でも片方が強力に教化されたままもう一方が醒めると悲惨なことになります)

JWになると、深刻な健康問題を抱えるリスクが高まります (「健康面で限界ある人」にも毎日3時間布教して開拓者になれと狂った生活プランを提示されます)

JWになると、死別のリスクも高まります (上記のストレスを抱えながら「エホバと王国が第一」、どんな辛くても「世界一幸福な民」を自演させられる矛盾が心身を衰弱させ、原因不明の体調不良や難病を患う人、場合によっては早死にする人もいます)


何よりも彼ら自身の慰めのために受け取ってあげるのはいいですが、不幸の手紙と一緒で、まともに読まない方がいい。この宗教にのめりこむと本当にこういうことがよく起きます。

引き寄せの法則ってやつです。

それこそが聖書の教え通りの「サタンの試み」だと教えられ、「この組織限定の慰め」に依存しないと生きていけない中毒症状を起こしますのでご注意ください。そういう中毒症状を晒している組織崇拝者のブログもあるので、症例サンプルとして読むのもありです。つっつく必要はありませんが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR