政教分離

今年の地区大会、予想通りこの団体の二極化をさらに加速させているようです。

新規文書を出したところで、数年経てば修正が必要になるつぎはぎ文字解釈は破たんしているので、これからは映像による印象・感情操作にカネをつぎ込むらしい。

いろんなサイトを見ると「いよいよ終わりがチカイ!」とか「来年の大会はナイ!」とか、がっちり絡め取られている現役さん(特に主力の中高年信者)が多いようですね。

それを書き込む醒めた(冷めた)現役さんとの温度差がすごい。

「統治体がどんな大会を演出するか」 が終わりの日のしるしにでも入ってましたか。ちっさい新興教団の指導部が信者向けにどんな煽りプログラムをせっせと考えているかなんて、世界の終末とは何の関係もないのにね。

『しかし、統治体が煽りビデオを作り始めたら、あなた方は身をまっすぐに起こし、頭を上げなさい。あなた方の救出が近づいているからです』 (WT信者脳内訳)


今更なんですが、WTハルマゲ解釈でよく分からないことがあります。

JWは「大バビロン」を自分たち以外の偽(にせ)宗教全部、というちょっと乱暴すぎないか?という唯我独善解釈を本気で信じています。そして社会主義だろうが資本主義だろうが王政だろうが、すべての国家主権が一斉に、自国の宗教すべてを必要なら武力行使も伴って解体させる、とも信じています。

そしてなぜか、エホバの証人だけが後回しにされるらしいです。

なのになぜか、一部の国で、も協会の法人登録が取り消されると「不寛容だ!」と騒ぎます。

自教団の「終わり」が先にきちゃうのは困るからかな。

この宗教法人こそが解体させられるなら「聖書の神様」の株も上がるのかもしれませんが、このような小物宗教をいちいち相手にするには忙しいか、あまりに超越している存在なんでしょう。


それは置いとくとして、WT解釈がどうやってもあてはまらない宗教があります。

イスラム教です。一部の国を除けば、イスラム教国家は政教分離していません。

国家や法律そのものが宗教なんですよね。

政治が宗教を解体する、という構図が成り立ちません。だからイスラム教が壊滅するというなら、WTが否定するアメリカ主体のキリスト教原理主義によるハルマゲドン=最終リアル中東戦争でも起きて、これもWTは否定するがオールイスラエルがメシアニック・ジューに改宗して、イスラエルとイスラエル側を支持するキリスト教諸国が完全勝利しない限り、実現しないでしょう。

政教分離が近代国家のスタンダードというキリスト教側の前提で成り立つ発想ですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR