忠実で思慮深い奴隷③

今回の解釈変更に至るまでの場当たり的な流れをまとめてみました。

① 14万4千人の募集は1935年で終了⇒今後はその残り者は減っていき、最終的に全員が死ぬまでに終末クルヨ!だからもうみんなパン食べないでね!

② 終末コナイ。それどころか「1914年世代」の統治体のメンバー全員死亡。

③ 統治体の「世代交代」が必要⇒14万4千人の募集はやっぱり終わってませんでした!

④ ↑の解釈変更の後の何年かは、だからといってその辺の平信徒はパン食べないるなよ的な記事を繰り返すが効果ナシ。残り者だったはずの人数が増え続ける。

⑤ そこで今回の解釈変更。平信徒がパン食べたところで「奴隷級」にはなれません、これからの奴隷は統治体メンバーの自分らだけ、っていうことにしようぜ案が可決されました。

今回の解釈変更は、個人やグループ単位で情報を発信しようとする最近の動きを牽制する目的か、とにかくパンを食べるという、おいたをする平信徒の数を減らそうとする別のアプローチか、その両方でしょう。

「このパンを食べ、杯を飲むたびにあなた方は主の死をふれ告げるのであり、それは彼が到来する時にまでおよぶのです」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

 僕と似たようなことを考えておられますね。というか、おんなじでした。僕も統治体は、きっとパンを食べる人が奴隷級を名乗るという現象が発生し始めたのを感じで、解釈を変更したのだと予想します。

 でも、ますます聖書的には何の根拠もない解釈になってしまったように思えます。

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。

「統治体」は適当な聖句に適当な説明を付けるだけでどんな解釈もできる宗教権力を持っています。

その驕りからか、今回の解釈変更を見てもまともに聖書を研究していないのは明らかです。聖書をさらに理解するよりも自らの宗教権力を保持することしか考えていません。

場当たり的な解釈を繰り返すことで矛盾だらけになっていくのは中高生でも分かります。インターネットと教育が普及している国では若者はますます離れ、何も分からないオバチャンだらけになっていくでしょう。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR