宗教の選択

同じ騙されるなら景色はより広くて自由な(と思える)方がいい、たどり着くことはなくても、できるだけ上からの景色は見てみたい、というのは人の性です(そこに山があるから)。

宗教というものに騙されていたと、もう一つ覚醒するのもいいですが、結局は、誰でも感覚器官を経由する何かの情報に振り回されて生きていく、その情報源と居場所を自分で「選ぶ」ことしかできません(善悪の知は選択することでしか取得できない)。

「選ぶ」と「信じる」は違う。

シュライエルマッハーのようにそれを「知った」上で(彼の場合はキリスト教に一度は幻滅した上で)、何かの宗教という枠組み(階層)を居場所として留まる(選ぶ)人が増えれば、それだけでもカルト団体の実害は軽減されてゆくと思います。

選んだだけで、その選択(選択した宗教や宗派)が信仰の対象にはならない。


聖書でも、人が神を選ぶのではなく、神が人を選ぶ。

人がまだ生まれもせず、善や悪を成す前から、神の選びは召される方に依存する (パウロ)

モーセやパウロに、自分が神を選んだという意識はない。

宗教団体のチョイス、神名表記のチョイスは、神の選びとは何の関係もない。

そのチョイスを「真の宗教」だと自賛する人は、自分の選択を崇めているだけです。

「真の」神が存在しないように「真の」宗教も存在しない。
(神や宗教が実在しないと言っているのではなく)

「真の」ラーメンや「真の」ハンバーガーが存在しない(決定できない)のと同じ。

選択できるだけなのに、その選択を誇る人は、自分が創ったのでもないものを讃える偶像崇拝者や表記(ブランド)崇拝者、または自分の目利きを高める自分崇拝者です。


神が神でないのなら、神にとって恥なのは人であり、その逆ではない (カール・バルト)

おこがましい表現を使うと、宗教の迫害ではなく、宗教の変革です。

でもバルトによると、宗教事象(というヒトの営み)の根本的制限を知らない者が「宗教の変革」を叫べば、どこかの新興教団のように、ただの劣悪な変種に堕ちるそうです。


キリストの恵みさえ罪悪感を煽るのに利用してとにかく業を!ですからね。

お前たちはこんなにありがたいキリストの恵みに感謝をシメサナイのか?

ワレワレに従わなければその恵みを失うのだぞ?

何という劣悪な「恵み」へと変種してしまったのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR