宣伝ですか

初期のキリスト教が広まったのは「宣伝」よりも「口コミ」に近いと思います。

誰もがパウロのようなアグレッシブな布教者だったこともなく、彼やフィリポのような布教者が行く先々で民衆に語る福音と行う「しるし」が話題になり⇒ 口コミで広がる、という感じです。

「宣伝」とは何かの組織に属している人が、営業目的でする商行為です。

ある程度いいものだという自覚があってするとしても、基本的には仕事(義務)で、ノルマ(目標)も課せられる。その分の見返りもある。

「口コミ」とは雇用関係にない(利害関係もない)人が、自主的に広めることで生じます。

ものみの塔は後者だと言います。

雇用関係ではない、だから何の補償もしない、というのはまさしく事実です。信者の方は組織のため、と思っていても、組織(協会法人)の方は、ウチのサイトや機関紙見て勝手にやってるだけ、事故や事件が起きても「わたしたちはその人を知らない」と逆否認されてしまう。

ガイ・ピアースはおんどりの鳴き声を聞いたか (近日公開)

本当に話題性のあるものは、その団体の構成員よりも、構成員ではない(利害関係がない)人によって良くも悪くも広まるものです。それが口コミです。

良い評判でも、悪い評判でも、それを聞いた人が自分で確かめてみたいと思う。

イエスの初臨も、良くも悪くも彼の噂(口コミ)はユダヤ人社会を二分した。「ユダヤ人社会」の終末だったのでローマ側の史実では言及がない(数十年後のタキツス他がわずかに言及)。


でもJWの場合、良くも悪くも利害関係ががっつりある人によってしか広まらない。

も塔がなくなると困る擁護者か、なくなってほしい批判者です。


利害関係のない大多数の人は知らない、関心もない。

一応は三大異端と評価?されているので、その他2つと似たり寄ったりの知名度はありますが、その程度でJW宣伝が世の滅亡前兆だ、と言われても説得力ゼロです。

キリスト教系の新興集金団体としては、それなりに役立っている歯車の一つでしょう。


主力英語圏のようにJW問題がメディアでもっと報道されればいいのに、という人もいますが日本では必要ないと思います。わずかな利害関係者には死活問題でも、それ以外の大多数の人は興味がない、あえて知る必要もない。何も知らずに勧誘を受けた人、何も知らされずに育てられて迷い始める2世も、ネットの口コミや解釈検証を少し見れば十分です。

ゴリゴリ信者はメディアで叩かれると「アッシリア人の攻撃だ」と活気づきそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR