スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液の闇

旬はとっくに過ぎた感はありますが、宗教書の箸休めに「血液の闇」を読んでみた。

輸血に限れば大筋でWTの主張と変わらない。

輸血が必要と判断されるヘモグロビン値の基準はあてにならない
輸血ではなく輸液でまかなえる
輸血はリスクいっぱい

このあたりは聖書とは関係ないお話なので、専門家にお任せするしかないですね。
この人も専門家らしいので、この人を信用したいならすればいいんじゃないでしょうか。

面白いのは、医療全般に対してはWTよりも過激な主張が含まれている点です。

輸血利権はロックフェラーを中心とする闇の勢力に牛耳られている
緊急時でも輸血より海水療法が効果的・・カントンプラズマ(海水由来血漿)?とか

ボランティアじゃないし、医療にそれなりの利権が絡んでるのはあたり前と思いますが。
リスクがある臓器移植と同じで、できるだけ輸血しないのにこしたことはない。

WTが問題視されるのは絶対的輸血拒否を「信者の地位」の条件にしているからです。年端もいかない子どもにまで「輸血という救命行為はエホバ様が憎まれる」と教え込むよう指導している。

この人も現行の西洋医学で行われている99%の輸血は不要と主張しているが、それを額面通りに受け取るとしても、残りの1%の状況でどうすべきかを明言していない。

その1%の事例として、一昔前はほどんどが死産に終わっていた産婦人科疾患の胎盤剥離を挙げている。現段階では私にもこの分野だけは結論が出ない、と言っているが、その少し後では交通事故でも同じ状況(輸液では追いつかない急速な大量出血)があり得ないとは言えない、と書いている(あれ)。

自分の妻が今そのような状況になったら無輸血で他の処置を可能な限りやってもらうことを選択するだろうが、その判断が正しいかは分からない、と正直に言葉を濁している。WT信者の輸血拒否が問題になるのは、まさにそういう状況での、絶対的輸血拒否なんですけどね。

それはこの人自身が使っているたとえが説明している。砂漠で脱水症状を起こし、命が危険な状態になるが手元には体に悪い?コーラしかない。水分補給に適しているのは水やスポーツ飲料だがそんなものはない。じゃあ体に悪いからとコーラを拒否して死ぬ人がいるのかな。

安易な輸血はやめよう、相対的にリスクの低い代替療法を促進しよう、という主張なら結構だと思いますが、絶対的輸血拒否信条は、体に悪いとか、リスクがどうのとは別次元かと。

ま、こういう本を書けば、も塔関係者にはそこそこ売れたでしょう。

カントン療法は医療利権に潰された!というなら、金満WT協会(最近は財政難らしい)とタッグを組んで自前の病院を作って失血死寸前の患者に海水でもポカリスエットでも注入してみたらいいのにね。まず認可が出ないと思いますが、それも闇の勢力がクリーンな医療を潰そうとする陰謀なのかな。

この本に専門的に反論する知識も暇もないが、真偽はともかく、鵜呑みの塔信者には利権まみれ(笑)の病院で治療を受ける時には「血のブロシュアー」よりも、この本で「証し」してほしい。

「西洋医学は闇の勢力を牛耳るロックフェラーの利権温床で、赤十字は人口削減機関、輸血は医療報酬目当ての最たる悪事ですよ?死んでもいいからやめてくださいね?」

それが事実かどうかに全く興味はないが、医療界での立場がさらに悪くなるのは間違いない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。