とても親切

JWは偶像崇拝と淫行(十戒の道徳部分)と血を食べない(これを輸血禁止に適用する)以外の律法部分は効力を持たないとするはずが、この「原則」をJW規律に適用します。

彼らにとってのJW献身とは、聖書の基準(=JWの独自解釈戒律)に従って生きるとの「公の宣言」であり、その誓いに反した素行を目撃されるなら、問答無用でJW社交界で公に晒されるとの「誓いの声」の拘束下に自分を置くことになります。

その誓いは別の責務も生じさせます。同じ誓いの下にある者が、その誓いに反する言動を取っているのを目撃するなら、それを証言しなければならない、という責務です。

JW献身とは、JW基準から外れた行為をチクるのも、チクられるのも、「エホバへの忠節」であると公に認める宣言なのです。でも晒す前にまず本人に自首(笑)を促しましょう、というのはレビ記5:1には書かれていませんので、それはとても親切なこと♪なのです。

これを聞いた現役のみなさん、JW献身をキャンセルしたくなっても時遅しです。

旧約ってこわい本です。

しかしそれを字句通り解釈するはずのWTは巧妙に適用を変化させます。

誓いに反する行為が目撃されるなら、それは「公に証言」されなければなりません。

旧約では、親を呪う者は衆目に晒されながら石打ちにされます(見せしめ)。

でもWTは長老だけにこっそりチクれ、とします。

これも本人のプライベートを保護する「親切」なのでしょうか。

そう見せかけることも可能ですが、旧約では目撃された時点で容赦なく公に晒されます。

中途半端というか、都合いいとこだけの甘っちょろい適用ですね。

これには、極秘に扱うことによる組織へのメリットがあるからでしょう。

長老だけが密室でこっそり扱います。

成員を動揺させることも、JW信者の不祥事が世間に明らかになることも避けつつ「理由は知らなくても組織が排斥すれば忌避せよ」という排斥制度の脅しのみで信者の行動をコントロールできるからです。新約でも理由を秘密にしたまま忌避させろ、なんて書いてないのにね。

律法下のユダヤ人には自分たちをよく見せて改宗者を募ろう、などという甘い観点はありません。律法違反者は問答無用で公に晒され、即刻の処刑です。JW楽園ではそうなるでしょう。よく見せる必要がなくなるからです。

JW献身を考えている皆さん、JW献身が神とキリストを愛しているから、なんて甘いものではないことをよく吟味した上で結論をお出しください。

キリストが一体何のために磔にされたのかが全く分からない、旧約(脅しに役立つ)側に重きを置く、このような組織の統制システムに無条件で服従する、という「公の誓い」なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR