改革的批判

改革派という立ち位置。

JW信者(もしくは元JW信者)のコミュニティーに愛着があるのかないのか(度合いは異なる)、純粋な信者たちには都合のいいことしか知らせずカネ集めに忙しい、「恐れを生じさせる奴隷身分の霊」(パウロ)を刷り込んで支配する組織運営に腹立たしい、だから改革したいのか。

聖書にも愛着がある。信仰も持ち続けたい。

それもありです。

その一方で、聖書の批評的研究をすることで、「聖書」の隅から隅までの一字一句を権威として絶対視する根拠がないことに気づいた結果、組織支配から醒める人もいます。

それもありです。

JW経験者だけでなく、キリスト教経験者でも後者が主流になりつつあります。それは人の良識の進歩、科学知見の進歩、数々の写本や古代文書の発見に基づく膨大な比較研究の集積による知識考察の進歩がもたらしたものです。

それを信仰の冒涜だと頑なに言い張る人には、神の像として創造された人のポテンシャルを否定する字句主義者の隷属的原理思考(恐れを生じさせる奴隷身分の霊)や、そこから派生したWT解釈の影響が色濃く残っています。

JWはもともとが少数信仰です。

なぜ表向き性格がよさげな人が集まるのか。それは仲間外れの子を放っておけないタイプの「いい人」たちで、勧誘とは人の良さや同情心につけ込むのが常です。

「そういう人たちが集められている=聖書を学ぶとこんないい人になる」のは「そういうタイプの人たちがターゲットにされている」だけで、それが〝真の宗教の証し″という宣伝としてさらなる勧誘や信者離脱阻止教化に使われるのは、循環論法で連鎖的に再利用されているにすぎません。

少数者を顧みる、というのは確かに聖書の教えですが、その精神や、もともとの人の良さを「この組織内だけ」に限定させようと仕向けるのがWT協会です。

トッケン路線や自己評判作りに忙しい霊的セレブとは違い、全く純粋な動機で高齢者や子どもに親切にするJWもいますが、組織外の少数者にも同レベルで親切にする人は一人も見たことがありません。これは断言できます。

そのように組織に方向づけられてしまうからです。

同胞のユダヤ人(JW仲間)に親切にすることが部族神(組織神)への賛美と刷り込まれる。

それを否定したはずのイエスの教えから、かい離してゆきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR