スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法の限界

自分は直接見知ったJWの過去の犯罪行為を、1年前、実名で警視庁に通報しました。

ブログには具体的に書けません。被害者の洗脳が解けておらず、当人や家族の組織内での居場所を考えて公になることを望んでいないため、被害届けを出していない。

せめて犯罪者側の情報提供ができないかと警視庁に通報しましたが、予想通り、最近話題の親告罪なので第三者の内部告発だけでは動けない、と言われました。ただその種の犯罪は警察も取り締まりを強化している、関連が疑われる別件での被害届けがあれば有力な捜査情報にはしたいと言われたので、その犯罪についての記録、またものみの塔協会がその事実を把握しながら密室の独自委員会で「扱う」よう指示するだけで社会的には何もせず、指導もせず、さらなる被害者を生み出した事実についての記録が保管されているであろう場所も教えました。

もしかしたら任意の事情聴取くらいはあったかもしれません。

これが現行の法制度の限界です。

捜査令状にも同意するな、なので当然、任意の参考人聴取など軽く拒否できる。宗教つよい。

いずれ様々なケースで捜査令状が取られることも想定しての「最新の指示」でしょう。

この手紙を読んでいるであろうJW長老のみなさん、本当にエホバの至上の権威に従うならどうすべきかを考えてください。人間よりも神に従う?・・その「人間」には神名と宗教権威を私物化して、このような厚顔無恥な手紙を書く人間も含まれる、ということも。

霊的パラダイスの実情とは、性犯罪者の隠匿パラダイス。

子どもや家族の幸福のためのアドバイスを~と、無味無臭の偽善カモフラージュで「地域社会に貢献してますよ?」と、何も知らせない奴隷信者に言って回らせる腐れ切った宗教権威。

本当に子どもを守るというなら、組織内で起きた過去の性犯罪の被害者に、プライベートは守る、全面的にサポートすることを確約して、警察に被害届けを出すよう指導せよ。信者である性犯罪者には審理委員会での密室告白だけでなく、自首するよう諭せ。「それはどちらも個人の決定、組織は社会的制裁には関知しない」 と突き放す偽善的指導はやめ、そのような方針を取ってきた、変えようとしなかった指導部はその事実を公に認めて謝罪と共に引責辞任せよ。

する訳ないか。そんな法的責任はないし、守秘義務という聖域もある。刑事責任は問えない。

その代わり、道義的責任を民事で訴えられて裁判まみれになればいいよ。

もうなってるのか。

しかし、も協会を訴える代償として、本来はそのプライベートが絶対に守られるべき被害者が、自らの顔と受けた恥辱を世界に晒すことになる。この組織で守られるのは犯罪者の顔と組織の評判。

虐待の事実は否定できなくなっても、も協会に賠償責任はないと抗弁するのに必死。

教会とはすなわち教会員である、とのバルトの言葉を引用して他宗派の不祥事を声高に非難した団体が、身内の信者が犯した罪を背負えないなら「組織」を名乗るのをやめ、法人格も返上せよ。宗教法人を監督責任のない、ただの非課税資産管理団体として都合よく利用させていいのか。

裁判沙汰になるのは氷山の一角、大抵の被害者はエホバ様の御名のためと言い聞かせて泣き寝入るか、絶望のうちに人知れず組織を去るのみでしょう。

一刻も早く、法改正も視野に入れた司法当局による調査が広く行われてほしいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。