神の正当性

この旧約神のダビデ好き、神の善性を擁護しようとする神義論者や原理解釈者には歯切れの悪い問題です。WTも、聖書に納得のいかない箇所があっても、聖書にはすべての理由が説明されてはいない、いつか明らかにされる、埋め合わせされる、エホバ様を待て、の苦しい一点張りでした。

ところが最近では逆に、このあからさまな偏愛にあえて言及し、組織内での不公正や犯罪を目にしても、その直接の被害者になっても、組織への忠節を保て、との教化に利用しています。

“復活”したウリヤはダビデを許せるのか?という話にまで飛躍させている。

そんなお題は、聖書を書いた人間の誰も、持ち出しても、考えるよう促してもいない。

例えるなら、アンソニー・モリスに妻を寝取られ(寝取られる方もどうかと思うが)、発覚を恐れたモリスが管轄の支部委員に闇指示を出し、建設ボランティア中の事故を装って夫を殺すよう命じ、結局バレて審理委員にはかけられるが、組織に奉公した功績を鑑みてお咎めなし、モリスは統治体のまま天に召されゆく。

それでもお前はモリスを許すだけでなく、モリスを来るべき新秩序における天界の指導者として認めるのか、そんな扱いを容認した組織神エホバ様の主権を認めるのか、という話になります。

・・この話をそのまま現代に適用すると、こういうエグイ話になるんですよ。

ここまで開き直られると、WTの言う神の主権の正当性、てもう何なのかよく分かりませんね。

神が悪を許しているのはなぜか ⇒ 神の主権の正当性が証明されるため

⇒ だから神が放置している悪を忍耐することで神の主権の正当性を支持できる

これ、何の説明にも証明にもなってないですよね。

こんな支離滅裂な話を支持するJWが組織から離れたら、神の正当性は敗れるのか。


サタンはヨブに目をつけて、いろいろやらせてみてくれ、と言った。

エホバ様はやってみよと、サタンがヨブの子どもを殺すのを止めなかった。

自らそれをするのと、サタンがするのを許したのとでは違う、とWTは言うが、そんな人レベルの言い訳を全能神に適用していいのかな。全能なら「する」も「許す」も同じだよね。

全能神は見苦しい言い訳などせず、自分がすべてやったこととして、その上でヨブを戒めている。創造神を信じるとは、そこまでの覚悟があって口にするものだと思いますけどね。

だからヨブの覚悟と、エルシャッダイへの想いは証しされた、はそうかもしれないが、サタンにチャンスを与えることで創造神の正当性が証明された、なんて誰が納得するのかな。ただの知恵比べやパズルの謎解きじゃない、無関係の子どもたちまでリアルに殺されているんだから。

悪の時間的経過によって証明される神の公正、て何なのかな。

WTは神の主権の正当性が立証されることが最重要事項というが、自らの正当性という、そんなちっぽけなメンツのために放置する神の器の小ささを証明する解釈のような・・

まして神なるものではなく、それを自組織の宗教権威にすり替え、どんな不祥事や犯罪や児童虐待やパワハラが起きても、さらにその犠牲者になっても、この組織に忠節を保て、という教化に利用するなら、何でもアリというか、やりたい放題だよね。もうなってるけど。

何があってもついてくるマゾヒスティックな信者を養殖して何がしたいのかな。

悪が存在するのはなぜか、どうやって神の善性と整合させるのか、そんなことより、目の前にある仕事や生活や人との関係と向き合い、地に足をつけて生きようとするのが普通の人ですよ。

楽園で復活したウリヤはダビデを許せるのか?

しらねーよ。

そんなお題を宗教会議で考えるヒマがあったら、まず現実社会で働いてみた方がいいよ。

それでご飯食べてる神学者が考えてくれて、一般人がヒマつぶしに読むのは面白いです。

でもそういう人たちが統治体を自称し、現世で生きる人を支配するのはやめた方がいいですね。

人が人を支配すれば、これに害を及ぼすらしいですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR