スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の名⑯

自分としては、クリスチャン向けに翻訳された旧約写本が、御名を神聖に扱う、との敬神の念からヘブライ文字yhwhをキュリオスと訳した、そして新約写本にはyhwhの直接転記や何らかの音訳が含められた形跡が皆無、という単純な事実証拠がすべてと思います。

イエスがWTの解釈通りに「御名を知らせた」のであれば、書物を一切著さなかった師の代わりに、その発声を聞いた使徒や弟子がそれをコイネーに音訳して70人訳写本や新約書簡にいっぱい残せばよかったのですが、何かの議論や逡巡があった形跡さえ、皆無です。

イエスが発声した言葉が直に音訳されている(日本語でもカタカナ表記が可能)のは、「エリエリレマサバクタニ」「エファタ」「タリタクミ」「アッバー」など、わずか数箇所しかなく、至高者に呼びかけるときに使った言葉も、アッバー(父よ)と、死の間際に搾り出すようにして呼びかけた詩篇の引用も、エリ(わたしの神)です。

写本の発見・研究が進んだ20世紀もJWが期待する?新約側の証拠なるものは見つからず、現存する写本証拠がこれだけ議論の余地なく明確なので、キリスト教では、キリスト教史での神名使用の議論は、過去も、今も存在さえしない、というスタンスのようです。

そこを逆手に取って、聖書やキリスト教史の知識がない人に、神名のローカル言語による便宜的な音訳表記をアピールして勧誘するのがJWです。

自分の周りにもいましたが、日本でも文語訳に愛着があり、このエホバというカタカナ3文字表記を使っている組織というだけで、どんな不祥事も指導部の偽善も過ちも免罪され、雲散霧消してしまう中高年信者がJWコミュニティーの中核にいます。

統治体もJehovah表記を使った新世界訳改訂版を優先しているらしいです。

・・が、先週の記事、アルバニア語でもう改訂版が出てるのかと思いきや2007年も搭のコピペ、従来版へのコメントらしいです。半ばツッコミ目的で読んでる自分さえ騙されました。

まー資金不足とはいえ、日本語でもそのうちにでるんでしょう。一応は聖書なんだし、発表されても電子版を読め、どうしてもというヤツだけ注文印刷、とはさすがに言えないしね。5月のタブレット購入促進祭りでは私的にも集会でも布教でもデータ版聖書を読め、2月の人もタブレットで聖書を読んでるのは気になるが。

自分も経験者なのでJehovah表記を全否定しませんし、その発声に愛着を持つ人がいるのも分かりますが、便宜上の表記が「真の宗教と悪魔の宗教」の境目になるとは到底思えません。

さらにWTの偏った聖書解釈と唯我独善の組織運営もあり、KJVやASV、文語訳で使われた頃は別に叩かれていなかったのに、今ではエホバは注文の多い不寛容な神、エホバの証人限定の部族神(組織神)の表記として、実情を知る人には嫌われちゃってます。

「不完全な」人間が御名をみだりに唱えてはならない、いたずらに担ってはならない、という掟はこういうことだったのか、を見事に例証してくれた組織です。イスラエルは律法の実践を怠って神名を汚した、その過ちから学び、旧約の型にもっと完璧に倣い神名を高めよう、とすれば同じ失敗を犯すだけなのに、そこから反面教師的に学ぶことを知りません。

せっかく新約で、キリストは自分が属するヘブライズムを反響版にして戒律主義や選民意識が生み出す敬虔競争からの自由を教え、自らは旧約(律法)ごと磔にされたというのに、その新約にまで写本にはないイスラエルの神名表記を音訳したものをねじ込みますからね。

せめて文語訳に倣うならそれだけはやめた方がいいんじゃないかと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あなたは、参照資料付き聖書の付録をご覧になったことはないのですか?
そこには、使徒たちキリスト以前より少し前のヘブライ語写本(確か七十人訳)があり、当時のその本,あるいは巻物を読む人はそこに神の名を見ることが出来たと書いてあります。確かその頃も神聖四文字でむあり、正確な発音がされていたなかった可能性もありますが、イエスと使徒たちがそのことに関心がなかったとは思えません。
また、新約聖書の写本にも二十三カ所神の名テトラグラマトンがあえて付されていし写本もあるとのことです。
完全に神の名がその時代に使われていなかったとする考えも、やはり根拠の薄いものではないかと思います。

Re: タイトルなし

>あなたは、参照資料付き聖書の付録をご覧になったことはないのですか?

いえ、かなり読み込んだつもりですが・・

>そこには、使徒たちキリスト以前より少し前のヘブライ語写本(確か七十人訳)があり、当時のその本、あるいは巻物を読む人はそこに神の名を見ることが出来たと書いてあります

はい、その点はコメントしてくださった2つ前の記事、神の名⑭に書いてあります。

>確かその頃も神聖四文字でむあり

「確かその頃」と仰っていますが、神聖四文字の直接転記だけでなくいろんなバージョンで残っているものがあるみたいなので、ヘブライ神名表記が残っている古い70人訳写本の具体的な時期や使っている表記種類について、WT文献以外の資料も調べてみられましたか?面白いですよ。

>正確な発音がされていたなかった可能性もありますが

ご指摘の通り、1世紀にはすでにアドナイと読まれていた、とする学者さんが多いですね。死海写本でもアドナイとyhwhが混在している(口述筆記を示唆)ものが発見されていますしね。

>イエスと使徒たちがそのことに関心がなかったとは思えません

このブログでは、イエスや使徒が神名表記に「関心があったかどうか」「そう思えるか」という漠然とした論点は扱っていません。直接証拠である新約写本から忠実に訳されるべき新約書簡に、ヘブライ神名表記を音訳して入れていいのか、を考えています。70人訳はあくまで旧約写本ですから、新約の直接写本とは学問上、同列に扱われるものではありませんね。

>また、新約聖書の写本にも二十三カ所神の名テトラグラマトンがあえて付されていし写本もあるとのことです

すみません、これは初耳です。参照資料付の付録ですか?

>完全に神の名がその時代に使われていなかったとする考えも、やはり根拠の薄いものではないかと思います

表記として使われていなかった、とは言っていませんよ。古い70人訳写本(旧約)の一部に表記としては残っていますし、現在でも旧約のヘブライ語本文にありますからね。そうではなく、1世紀後半からギリシャ語で書かれ始めた新約書簡の翻訳に、写本や定本に逆らってまでヘブライ神名表記を音訳して挿入する根拠が薄い(というかない)と自分は考えている、という主旨です。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。