スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石順三②

前回の続き。明石順三の質問状について。

一,少なくとも過去十年間,聖書真理の解明に進歩の跡を認め得ず。

エホ証の聖書解釈はざっくり言うと、8-9割が創始者ラッセル、残りを2代目会長ラザフォード作り上げた。が、3代目会長ノアは組織を拡大するビジネス手腕は持っていたが、本当に聖書を研究していたのかと思えるくらい、彼の時代以降、新たな理解は見出されなくなった。「エホバの証人」という名称を採用するあたりから、彼らは聖書研究者であることをやめ、組織を拡大する業(活動)にのみ傾倒する権威主義的な組織を作り上げることにしか関心がないからだ。今でも場当たり的な解釈変更があるだけで、10年どころか60年以上何の進歩もない。

三,所謂「神の国」証言運動の督励方針は要するにワッチタワー協会の会員の獲得運動たるに過ぎず。

ノアの時代になって組織を拡大する活動ばかりが強調される傾向は強まる。「神の王国」の臣民を集めている、と大仰な主張をしてはいても、結局は「ものみの塔協会」という宗教法人の信者数を増やそうとしているだけ。明石はそのむなしさに気づいていた。

五,その自ら意識すると否とにかかわらず,種々の対人的規約や規則の作製は,せっかく主イエスによって真のクリスチャンに与えられたる自由を奪い,ワッチタワー総本部に対する盲従を彼らの上に強制するの結集を到来せしめつつあり。

聖書の理解においては何の進歩もない一方で、組織の統制・拡大のために要求、規則が付け加えらてきた。長老たちには聖書そのものよりも、ユダヤ人のミシュナのごとき過去の出版物(数十年分の「ものみの塔」「王国宣教」「組織」の本、長老の「教科書」)、また膨大な量に及ぶ「協会からの手紙」に精通し、その指示に服従することが要求される。

六,総本部はワッチタワー信徒に対して,この世との非妥協を教示しつつあるにもかかわらず,総本部自身の行動はこの世に対する妥協の実証歴然たるものあり。

別の記事でも書いたが、ラザフォードは執拗なまでにナチスを非難し、ドイツのエホ証を生贄にするかのごとく迫害を煽っておきながら、アメリカでは大星条旗がステージ正面に堂々と掲げられた会場で大会を開いていた。ドイツや日本では信者が厳しい迫害にさらされながら、戦勝国アメリカではそのような迫害はなかった。明石がエホバの証人が本当に「中立」なのか疑念を抱いたのも無理はない。

七,所謂「ギレアデ神学校」の建設は,聖書の示す所と絶対に背反逆行せり。

「神学校」や「僧職者階級」などの言葉で他のキリスト教を非難しながら、ノアの時代に創設された「ギレアデ聖書学校」に始まり、一部のエリートしか入れない学校を作り、その学校を出た者にステータスを与え、年間百数十億円もの寄付を使いその生活を保障している。言葉を変えているだけでやっていることは同じ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。