スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目ざめ1月

あ、資金不足で隔月になったからもう1月号て言わないんだっけ。

JW.orgの不誠実な回答シリーズをさらにバージョンアップしてきました。

最近の指導部の特徴は「はい」を「いいえ」に変えてしまうことです。

5. エホバの証人は独自に翻訳した聖書しか使わない

なんとこの答え、「いいえ」らしいです。では質問を具体的に変えましょう。

5. エホバの証人との聖書レッスンや集会では、独自に翻訳した聖書しか使わない

確かに、一部の記事には他翻訳が参照されることもあります。しかしそれをもって、「証人たちは、聖書を研究する際、様々な聖書翻訳を用いています」と言うのは誇張ではないんでしょうか。どれほどの末端証人が、新世界訳以外の聖書を所持し、「個人研究」で使用し、またそうするよう勧められているとでもいうのでしょうか。

7. エホバの証人は地域社会とのかかわりを避けている

じゃあ質問を具体的にしますよ。

7. エホバの証人は信者以外との私的交際や友人関係を制限するよう教えている

これも「かかわり」というあいまいな表現で言葉を濁すことにより、布教活動を通して地域社会に貢献している(これも一方的すぎてどうかと思うが)から「いいえ」だと言い張る。

8. エホバの証人は他の宗教の人を見下している

では次の質問に答えてください。

8. エホバの証人は他の宗教は悪魔の偽り、その構成員はハルマゲドンで滅びると教えている

これも「見下す」という漠然とした主観的表現で「いいえ」に変えてしまう。

皮肉なことに、も塔今年No.1記事の方は、「正直さ」です。

うそ・・真実を知る権利のある人に偽りを語ること。それには、人を惑わすために事実を誤り伝えたり歪めたりすることや、人を欺くために重要な事実を伝えないこと、間違った印象を与えるために事実を誇張することなどが含まれます。(5ページ)

話はそれますが、「真実を知る権利のない人」には偽りを語ってもよいそうです。そんな教えが聖書のどこにあるのか知りませんが、WT協会お得意の神権戦略ですね。

「あなた方の“はい”という言葉は、はいを、“いいえ”は、いいえを意味するようにしなさい。これを越えた事柄は邪悪な者から出るのです」(イエス)

「あなた方に対するわたしたちのことばが、はい、でありながら、なお、いいえ、であるようなことはありません」(パウロ)

あいまいな言葉で濁して、「はい」を「いいえ」に変える宗教。

こんな雑誌を配らされる信者たちに、早く「目ざめて」ほしいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。