スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の区別

行為また崇拝様式の類似性や画一性が「神」を定義し、区別するのか。

崇拝とは意図なのか、行為なのか、も議論されてきた問題です。

シリア人ナアマンは主人である王に寄り添われるとき、リモンの家で「身をかがめなければ」ならない許しをサムエルに求め、聞き入れられた。崇拝の意図がないからです。

悪魔は、イエスに「崇拝の行為」を要求し、イエスはそれを拒絶した。

それでWTは主に、本人の意図に加え、その行為が周囲からどうみなされるか、を優先するようです。クリスマスプレゼントを受け取るかどうかも、それをただの贈り物と「みなして(本人が)」受け取ることもできるが、もし相手側に妥協させようとする意図があり、それを受け取るという行為が妥協と「みなされる(相手や周囲から)」なら断るべきだ、と教えている。

なんかめんどくさいですね。

あるJWシマイも、身内親族にJWがいないのをいいことに葬式では普通に焼香する。形だけ(行為として)やっときゃいいのよ、気持ちの問題なんだから、と合理的な考え方をするが、バレれば即審理委員会ものです。本人の意図とは関係なくそれは崇拝だと「みなされる」からです。

なんかあほらしいですね。そんなのいちいち長老にチクるのもあほらしいですね。

だからWT的には、行為として他宗教の場所や流儀で祈っておいて、気持ちの問題(本人の意図)では「自分と同じ神」に祈っている、とか「敬意を表しただけ」という言い訳は通じない。

それもどうなんですかね。

イエスはこの山(エルサレム限定)でも、ゲリジム山でも(限定)なく、人が霊と真理を持って神を崇拝する時が来ようとしている、と語ったが、その時はいまだ遠いですね。WT協会のように、聖書聖書と言いながら、ぶよを濾し取りらくだを呑み込む逆行宗教も周期的に後を断たない。

ヤコブも神から見て汚れのない崇拝の方式は、「孤児ややもめをその患難の時に世話すること」と語った。旧約やパウロがその時代に厳しく偶像崇拝を糾弾していたのは、それが「姦淫」と比較されるように乱交を特色の一つとしていたからだ、という見方もあります。


さらにその行為が「崇拝」か「敬意」かも人が裁くことはできないように思います。子に対するプロスキュネオーを新世界訳が「拝んだ」ではなく「敬意を表した」と独自に解釈しているようにです。

それで海外から日光東照宮を観光で訪れる信心深いクリスチャンが、日本人がするように手を合わせて恭しく頭を垂れるとしても、その人も日本人も究極には「同じ神」を拝んでいる、と捉えることもできますし、日本の神や宗教に「敬意」を表している、と捉えることもできます。

すべてのクリスチャンがそうする訳でもないでしょうが、自分がそれをしないとしても、とにかく頑なに、原理主義的に字句に固執し、何かの象徴に向かって拝む(表敬する)行為を十把一絡げに、「忌まわしき偶像崇拝だ」と断じる人は少なくなっているようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

人類が生み出したリベラリズムに、「神」の方が合わなくてはいけないとは実に皮肉なものです

たとえ武器を持たなくても、原理主義はもう居場所は無いのかもしれません

Re: No title

> にーちぇさん

「真理はあなた方を自由にするでしょう」

実はそのリベラリズムを教えたのは、キリスト教なるものの創始者?にされてしまったイエス本人ではないかと思っているのですが、それも皮肉ですよね

これもリベラルな解釈だと言われてしまうかもですが汗
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。