学校の行方

年次総会前に目玉の発表が背教系サイトでリークされているという末期症状。

内容を前提にしての適当な感想↓


平日夜の集会出席者数が下げ止まらずに大変なんですね


↑の一因は、週3回の集会を2回に減らしたことでしょう。

「集まり合うことをやめたりしないように」(新世界訳)

聖書にも週何回とは書いていないのに、週3日で5つの集会を「休まない」ことが神の命令である!として、家族の反発や職場の迷惑お構いなしに半ば強制していた。

それが「信仰(何への?)の試練」としておきながら、週2日に“調整”してしまった。

あれ?そう言えば週何回とは聖書に書いてないよね、上の人のさじ加減次第なの?

だったら、いっそ週1回、日曜日だけでもよくないの?

・・という普通のことに気づかれてしまったのでしょう。

その教訓からか、今回は時短せずに全面リニューアル!で目新しさを出したい模様。

半世紀以上も続いた「学校」の名称まで捨てて、新・統治体のアピールですか。集会の名称を変えるだけだとしても、その中のたった15分でプレゼンする人のリストとして残るだけなら、もう学校としての体をなさなくなるような。

独裁システムの世代交代は、完全踏襲か、目新しい新規路線を次々アピール。

ラザフォードがそうだったように、世襲ではない新・統治体様は後者を選ぶのか。

3つの割当⇒ 3つのプレゼン(実演)なので、そこは変わらないのかもしれないが、言葉の響きとしては割当=義務的な語感をやめている。これまでの奉仕会プレゼンと役割を兼ねるのか、しかも月一のビデオ教材入りだから、毎週くだらない形式的実演に使役されていた開拓者や古参信者の負担軽減は間違いない。

それにしても「クリスチャンとして生きる(生活する)」のプログラムて・・

小中学校で言うと、道徳のお時間ですか。

さらに王国宣教をやめての、「ワークブック」・・

もしかして、そういうの込みでの学校ごっこなのか。

ポルノは見ちゃだめ、みたいなのはも塔でなくこっちでやるのかも。

以前の記事に書きましたが、ほぼ初めて集会に来たある御主人様が、その日のも記事がポルノ特集でげんなりしてましたからね。

こんな“調整”に付き合わされる大人信者たち・・ますます出席数さがらないのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR