F.W.F

覚醒した人たちにはもうどーでもよくなっているでしょうが・・

9月マンスリービデオの「世代」のお話。解釈説明担当のスプレーン氏。

フレデリック・フランズを重なる世代のターニングポイントとするのはまあ予想通りです。

彼が「第1グループ」の最後のアブラ者とは断定できないと言ってますが、大丈夫です。1975年からの得意技で、断定しなくても強く匂わせれば信者が勝手に断定してくれますから。断定しなかった統治体の皆様に一切の責任はありませんよ。

「生涯が重なっていればOK」から「アブラ注がれた期間も重なってなきゃだめ」という“微調整”が理解されていないのか、F.W.Fと略して表まで作って、一応は?マークを入れて「断定してません」て・・何だそれ。?マークであいまいにするならわざわざ作るのやめてください。

ただ予想外なのは、第2グループに属する人たちもかなりの高齢になっている、と匂わせることでサンダーソン君は外しにかかると思いきや、スプレーン氏は「現統治体のメンバーはすべて第2グループに入っている」と、そこは断定している。

あ、そこも自己申告なんですね。

でもサンダーソン君て、そんなに高齢かな。

統治体メンバーはアブラ者というだけでなく、第2グループまでの期間限定でなければならない、という新解釈でも作りましたか。

教育水準が高い先進国では、もう無理だって、こんなの。

そんな、考える人の稚拙なアイデアでどうにでもなる、どうでもいい話。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

たぶんもうみんな深くは考えないんでしょうねぇ

だって、考えても仕方ないことはわかってるから

だから、統治体は小難しいことを考えてるんだよ
君たちにはわからないだろうが、統治体は考えてるんだよ
って姿勢が末端信者に”伝わる”ということが大切なわけで。

で、そのとおりになってるんだから

末端信者がアホというべきか

統治体あっぱれというべきか。

悩みどころですね。

No title

よく解らないと認めながらも、統治体を信頼して、「ふさわしい時」に明らかにされると自分を騙しながら、みんな生きていくんでしょうね。

覚醒してしまうと、ただの愚かな反応に過ぎないのですが。

ただ考えたくない人を無理矢理考えさせるのは至難の技ですね。

Re: No title

> スナフキンさん

そうですねぇ。

権威を嫌って真理を求めたはずが、いつの間にか
権威の言うことが真理になっている・・

あ、やっぱりこうなっちゃうんだ、というお手本のような。
一度属した者としては複雑な気持ちですね。

Re: No title

> True Northさん

> 覚醒してしまうと、ただの愚かな反応に過ぎないのですが。

信じ込んでいる人の強烈さと、目ざめた人の脱力感というか、
人によっては怒りだったり、不安だったり、とにかく「何で
あんな愚かなことを」というギャップの激しさがカルト的
とされてしまう信仰の特徴かもしれませんね。

> ただ考えたくない人を無理矢理考えさせるのは至難の技ですね。

だからこそ現在進行形で信じ込んでいる人に無理強いするのは
逆効果ですよね・・
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR