異邦人の時

『また、エルサレムが野営を張った軍隊に囲まれるのを見たなら、その時、その荒廃が近づいたことを知りなさい。その時、ユダヤにいる者は山に逃げはじめなさい。都の中にいる者はそこを出なさい。田舎にいる者は都の中に入ってはなりません。 なぜなら、これは処断の日であり、それによって、書かれていることのすべてが成就するのです。 その日、妊娠している女と赤子に乳を飲ませている者にとっては災いになります! その土地に非常な窮乏が、そしてこの民に憤りが臨むからです。そして人々は剣の刃に倒れ、捕らわれとなってあらゆる国民の中へ引かれてゆくでしょう。そしてエルサレムは、諸国民の定められた時が満ちるまで、諸国民に踏みにじられるのです』

ルカはかなり具体的に書いています。

⇒ エルサレムが軍隊に囲まれる

⇒ そして人々が剣に倒れ、捕らわれとなって引かれていく

⇒ そしてエルサレムは、異邦人に踏みにじられる

ちょっと文脈と一緒に普通に読めば、その荒廃・・西暦70年の荒廃なんですが。

でもWT洞察には、異邦人の時の起点が西暦70年ではないことの複雑難解な説明が延々と綴られている。前にも書きましたが、この異邦人の時を旧約側の予言と絡めるのはキリスト教原理主義に共通する特徴というか名残のようで、現イスラエル国家とも利害がそこそこ一致する模様。


暗示探しブームとも言えそうな、19世紀アメリカの2520年騒動(にもなっていないか)・・起点の取り方によって1843年やラッセルの1914年など、いろいろ言い出す人がいたがことごとく外れた。1874年の時もそうですが、外れたから「見えない再臨」にした、選ばれし者だけが認識できるのだ、なんて発想がもう裸の王様に出てくる詐欺師職人だよね・・

怪しげなラッセルとはもう一線を置きたいが、解釈上どうしても1914年は放棄できない事情に悩まされる某団体は、「外してなどいない」と100周年記念!を声高に叫ぶ開き直りっぷり。

イエスは自分の言葉を、年代計算に使える秘められた暗示として語ったのか。

だとしたらイエスて、けっこう教え下手なのかな。もっとはっきり言えばいいのに。

それとも救われる道は狭き門、という教えのためにわざと分かりにくくしてるのか。

あまりたくさんの人に見つけられても困る、そんなに救いたくない、みたいに。

謎解きみたいでおもしろいですね!とか言わせる実演もあったが、聖書が謎解きの本とは知らなかった(そういう読み方に魅了される人もいまだに多いが)。何の脈絡もない聖書のあちこちの断片的な字句に暗示的な意味を付し、謎解きのように組み合わせてようやく出てくる1914年をはじき出せなかった全員を、天使総出で殺しにくるらしい。

WT聖書解釈パズル、制限時間内に解けないと罰ゲームはハルマゲで死刑ということか。


おや?イエスや聖書が明言していなければ、予型的な解釈は付さないんだよね・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR