スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡潔な教訓

も塔3月15日号の最後のお勉強記事。羊とやぎのたとえ。

細かなポイントにつっこむつもりはないと言いながら一記事だけ。

『イエスはこの例えの中で、宣べ伝える業に直接言及していません』(8節)

直接も何も、全く言及していないのは字が読める子どもなら分かるけどね。

でもこのたとえは、JW勧誘活動とWT協会への寄付によって統治体たる自分たちを支持することの暗示だという結論にもっていきたい記事です。そんなジャイアン解釈に無理はないのかな。

後半は延々と、布教はすべての信者に命じられているという“聖書的根拠”を羅列する。

それはいいんですよ。

WTがいちいち指摘するまでもなく、新約では福音を伝えるようにとか、洗礼を施すようにという勧めが語られている。仮にそれが一種の命令だとしても、やる側に回らないと、しかも奇妙な聖書解釈を宣伝する活動に加わらないと殺すって、どれだけ愛情溢れる神様なんですかね。

福音を語るように別の箇所で勧められている ⇒ だからこのたとえも日常的な隣人愛以上のことを言っている、というのは何の根拠にもなっていない。それを分かりやすく示しているくだりが↓

『羊とやぎの例えは、油そそがれた者たちに助けが与えられることを示しています。ですから、羊として裁かれる人たちがキリストの兄弟たちに親切を示す主要な方法の一つは、宣べ伝える業において彼らを支えることです』(10節)

トートロジーのお手本のような文章です。

「ですから」の前後を入れ替えても成立する。

『羊として裁かれる人たちがキリストの兄弟たちに親切を示す主要な方法の一つは、宣べ伝える業において彼らを支えることです。ですから、羊とやぎの例えは、油そそがれた者たちに助けが与えられることを示しています』

自分たちが示したい前提を別の前提の根拠にしているだけなので。


命令はお前たち全員に与えられている。だからやれ。やらないと死ぬ。

特権と権力は自分たちだけに与えられている。だから従え。従わないと死ぬ。



この号を二行にまとめると確かにシンプルな教訓ですが、イエスの教えってそんなんでしたか。

こんな記事で従ってくれるし、テレビ伝道でパフォーマンスすればカネは集まるし、そのカネで世界中を飛び回れば信者総出で囲み接待してくれるし、叩き潰してもまた増えるし、もうピクミンみたいなゲーム感覚で楽しいよね。歌が聞こえる・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

まぁ、上の方はもうノリでやってるんでしょうね。

自分が仮に統治体メンバーだったらどうするか? 
10人くらいいるメンバーの中で大騒ぎしてもレイモンド氏のように
追い出されて終わり。それはもうわかっていること。
自分の人生も終わりに近づいている中で正義のために立ち上がって
ムダなナタを振り下ろすか?

それに今更、できあがってしまった組織を壊したとしてもなんになるか?
組織がつぶれて救われる人もたしかにいるが、もっと救われない絶望に陥る大量の宗教難民。
彼らの人生を今更背負えるか?

それならば、後のことはとりあえず棚に上げて
みんなでたのしくワイワイやろうじゃないか。
とりあえず、自分が死ぬまではこの組織、安泰のようだし。
ということですかね。

いや、その立場に立ったらわからんでもないような(笑)

Re: No title

> スナフキンさん

自分がそこまでの立場だったら、というのは新鮮です。
考えたことなかったです。

そう言われてみると、ゲーム感覚は言い過ぎとして、
面白いように従ってくれるし、カネは集まるし、
ここまで続いた既得権益を潰すのもったいないし、
適当につじつま合わせておけば真理と思ってくれるし、
細かい話は抜きにしてこのワールドを楽しもうぜ、
というノリにならないとは言い切れませんね(笑)。

そのノリがあの寄付生活集団ハッピー@ベテルなんでしょうね。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。