スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史的放送

ブルックリン周辺施設を売却してるから余裕あんじゃね、は誤解だとアピールしている。ブルックリンの主要地所の一つを売ったところで、世界的な出費をたったの数週間しか賄えないらしい。一体どこにどれだけのカネが回されているのか知らないが。

・・ということは、数週間単位の出費をやりくするために不動産を切り売りしなきゃいけない程、切羽詰まっているのかな。テレビ伝道で美辞麗句とイメージ映像を垂れ流すだけで、具体的な数字を公表しないので分からないが、ここまで資金不足をアピールするのは記憶がない。

一棟あたり数億円かかることもあるらしいKHやらRTOやらを世界中に建設する必要?・・2%前後をうろつく増加率、物価の高い先進国ではほぼゼロ成長の団体が今さら主張しても騙されるのは情報リテラシーのない中高年信者だろうが、一時しのぎのおカネは集まるかもね。

それにしてもオモシロイのは、ニューヨーク関連施設の売却、王国会館ローンの廃止・・忠実な信者はこれさえ、我らが岩なる神エホバ様の組織、も塔協会は経済的に潤っているのだとプラスに解釈しちゃうんですね。情報操作しすぎて逆に裏目に出ているパターンか。

いや実はお金がかなり足りてないんですよと、指導部自らアピールする始末。



『均等を図ることによって,あなた方の当面の余分が彼らの欠乏を埋め合わせ,その結果,彼らの余分も同じようにあなた方の欠乏を埋め合わせ,こうして均等になるためなのです』

これは通常の生活レベルで経済的に困っている仲間のための支援ですよ。

自分たちのエリアで、絶対中央集権組織の指示と仕様通りの、宗教建造物を建てるカネがないという理由で“困っている仲間を支援”するために、つまり結局は、地元信者ではなくその宗教法人の財産となる不動産を取得するために、億単位の寄付を懇願する言葉ではない。

宗教が土地の所有と見栄えのよい建造物に走るのは権威と支配の象徴。

あなた方の大好きな初期クリスチャンはそんなに土地取得と建設にご熱心だったんですかね。

ヘブライ人クリスチャンには、神殿や会堂という組織的封建支配からはじき出された人たちが「集まり合うのをやめたりしないように」と、個人の家でもいいから集まるよう勧めたんじゃないかな。回数や建物の仕様を画一化して、救いの前提や条件とする命令としてではなく。

どこにそんなにカネがかかる要素があるのか教えてほしい。

カネ不足のために業の進展を遅らせたくない・・て、もうはっきり言っちゃいましたね。

何の業(ビジネス)なのか、それ。


レット君の言う通り、今回の放送は歴史的なものになるかもね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんかもう
哀れですよねぇ~

これに騙されてほいほい寄付する信者が哀れです

彼ら本人はけっこうもうけてるんじゃないかと思っていますが。
この組織運営、本部の懐は痛まないようにうまくできていますので
(たとえば建設一つとっても人件費はタダ)
まだまだ資金は潤沢にあると思いますけどねぇ~

懸念材料は裁判の賠償金の額でしょうか

しかし、今回のコンティ裁判も常識的な範囲に決着しそうな雰囲気にもなってきてますし・・・

法の目をかいくぐった宗教ビジネスの王道をいきつつあるように思います。

Re: No title

> スナフキンさん

> この組織運営、本部の懐は痛まないようにうまくできていますので
> まだまだ資金は潤沢にあると思いますけどねぇ~

自分もそう思うんですよ。なのになんでこんなあからさまにカネを無心
するのか・・これはさすがに引いたという現役さんも多いようですし。

本格的に投資ビジネスに乗り出すのか、裁判対策なのか、この組織の
全知全能の七福神様がすることですから、さっぱり分かりませんね~

No title

そうですね~
自分はたぶん、普通の宗教化への舵取りを明確にしてきただけかと思います。
普通の宗教ってそうですよね。寄付寄付といいますから。
御利益宗教。

もはや、教理なんてものに純粋に関心のある信者は少なくなってきています。
それを追求すれば確実に破綻に気づきますから。さすがにもう論理破綻しちゃってます。
JWはキリスト教原理的かつ論理的に構築してきたのが魅力だったはずなんですけどそこが崩れた今。
論理を武器にしてきて、逆に論理でやられてしまったんでしょうね。
その武器を捨て去って、ノリと御利益でやっていく普通の宗教へと
いわば今までキリスト教の革新派がたどってきたその道をそのままトレースしていこうとしているように思えます。
もちろん、信者はそんなことには気づきもしませんが。

若い人はノリでやってる人が多いと思いますよ。
アルバイトでテキトーに働いて周りが誉めてくれる生き方なんてそうそうないものです。
世の中の荒波から逃げて楽に生きる生き方ですので。
時々バーベキューなんてやったりしてそれなりに楽しく、毎日を生きることができるわけで。
本当の意味でガッツのある若者。いなくなりましたねぇ~。
そういう人たちはみんな海外に行ってしまいました。
彼らは彼らでフランシスコザビエル的な快感を味わっているんでしょうね。

一方、国内にいる
年取った人は今更、気づいてもどうしようもない。だから現実について考えたくもない。
その自分たちの潮流に若い人を巻き込んだままでいたい。
根底に流れているのは自分第一主義。
だから、各地の会衆がすさんでいくんだと思います。

現状維持が楽。
でも、麻薬と同じで確実に着実に人生を破壊していく。
恐ろしい宗教だと、今更ながら、身震いしますよ。
長文、すみません。

Re: No title

> スナフキンさん

日本に幻滅して海外に行く人もいるみたいですが、日本人が
最初の0.1~0.2%の人を勧誘できた所で、いずれは同じ閉鎖的な
コミュニティーに行き詰ることなど考えないでしょう。

目先の武勇伝と手柄と評価・・快感でしょうね。

エホバの証人のやってきたことも、聖書の事も何も知らず、
彼らに勧誘されてしまう、疑うことを知らない途上国の人たち
が可哀そうです。

見える建物に走るとか、その建物に目立つロゴをつけさせるとか、
スナフキンさんの仰るように、論理が破綻した今、国際フランチャイズ
の「普通の、既存の、既知の宗教」の1つとしてのポジションを確立する
方向性なのかもしれませんね。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。