不動産ビジネス

善良な信者をコントロールする集金マシン、も塔が揺らいでいるのか。

完全寄付制への移行・・宗教出版ビジネスの危機は一応、乗り切ったとする。

もともと、寄付に「完全」も何もないと思うが。

日本でも、金額の大小に関係なく価格が決まっている時点で「売ってるのとどう違うのか?」と聞かれた現役さんも多いはず。自分たちの寛大さとアピールしているが、一部の国で非課税宗教としてのコンプライアンス的な問題もあったからじゃないのか。

今回の危機、王国会館基金への返済システム撤廃。

これも自分たちの気前のよさとアピールしているが、無利子とはいえ限りなく金貸し業に近いグレーゾーン。寄付を募りながら、その寄付を貸付に使って1円残さず全額きっちり回収しながら、さらなる寄付を募り続ける。タダで受けてもタダでは与えない。どこが寛大なんだよ、君たちのポケットマネーじゃあるまいし、もともと全部「受けたもの」だよね?

カレブさんが指摘しているので言うまでもないが、ローンの免除(宗教団体がローンて)と言いながら、これまでと同額の送金、つまり事実上の返済を続けるよう裏で指示している。しかも「返済」ではないので、「いつまで」はその金額で、という期限を決めることも建前上できない。放置すればいつまでもぼったくられる可能性もある。

しかしこれから、新規の“貸付”をする会衆に対して毎月の金額を指定して事実上の返済を指示することはさすがにできないだろう(やるのか)。も塔不動産ビジネスの危機。

世界中の会衆から、改築、改装、修繕の問い合わせも殺到する。

地元運営資金を一括で巻き上げた以上、今さら自分たちのカネでやれとも言えない(はず)。

当面の資金を回収する口実で、いよいよとなれば、やっぱりまた自分たちで一から貯めてやれ、と再びの指示変更の可能性もゼロではないが、それでもこの協会に付いていく信者はいるのだろう。

聖書と幾つかの団体を試行的に使って人間はどこまで宗教権威でコントロールできるか試している黒幕でもいるのかな。 ⇒このブログは陰謀論とは関係ありません

主力英語圏での児童虐待隠蔽体質が訴えられている裁判報道・・

さて、面白くなってきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

改築、改装資金で思い出しましたが・・・

数年前、海老名大会ホールの空調の修繕のために資金集めが
行われました。海老名大会ホールを使うすべての会衆が対象でした。
たしか、数千万?は(正確に覚えてなくてすみません)必要な修繕だったと思います。それに対しての会衆からの寄付は、予想を遥かに上回る額でした。5千万ぐらいだったような・・・(大会ホール関係者が知り合いでしたので聞くことができました)
その余計に集まったお金がどうなったかのお達しは、一切ありませんでした。そのお金だけで、これからの海老名改築はできないもんなんでしょうかねぇ。できる気がするんですが・・・
となるとまたまた、たっぷりの余計なお金が・・・
この情報がJW系サイトに流れていないので、関東周辺には覚醒長老いないのかな~笑
こういう余計に集まったお金だけでも、これまで相当になるかと思います。
成員の益のために、改築、改装すると言ってるんだから、せめてどのくらい必要でどのくらい集まったとか、そういう情報を流してほしいもんですな。

Re: No title

> Hanakiさん

別ホールでも修繕工事にいくら必要で、ホール利用会衆ごとの上納金の目安はいくらだ、という金額が提示されたようですが、アンケートが取られたかなりの会衆で、会衆ごとのノルマを超える額が集まったという話も聞きます。

日本の信者が従順というのもありますが、しがらみが強い地域での御祝儀と同じで、自分たちの会衆は出すカネが少ない、全体でもカネの集まりが悪い、というのはJW的不名誉になるという日本人意識もあると思います。

今回の懇願ビデオも儲かっている所にさらに儲けようとしているのか、本気で財務状況が厳しいのか、協会は懐事情を具体的に教えないので、さっぱり分かりませんね・・
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR