スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週のも塔

なぜキリスト教はローマで広まったか。

これ・・一般の歴史認識とほとんど変わんないような。

今週の組織賛美に強引につなげるネタとはいえ、今さらこんなこと言い出していいのかな。

ローマ型キリスト教は背教の温床じゃなかったのか。

ローマ法やコイネー、パクスロマーナのおかげでキリスト教は広まった・・?

ギリシャ語は語彙が豊富で霊的(知的)な事柄を表現するのに適していた・・?

そうですよ。ギリシャ語の抽象語彙を駆使するヘレニズム著述家たちの時代。

ウルガタ訳以前の古ラテン語聖書、しかも旧約なんて読めたもんじゃないと見下されていたという話も。学識あるパウロの哲学的な書簡はローマ人の知的探求心を捉え、やがてギリシャ語を話す知識人たちの思索によってキリスト教哲学も発展した。

アウグスティヌスも初めに旧約だけ読んでいたら低俗で馬鹿らしくて(そこまで言ってないか)とても信じる気になれなかった?と告白している(改宗後には自分の傲慢さとも認めているが)。

ギリシャ思弁家達の奥深い知的な思索に触れたおかげで、一読して不道徳と不条理に満ちている旧約も、信じるか信じないか、史的に正しいか間違っているかよりも、ホメロスのように寓話的に、教訓的に、霊的に読む術を知ったという。パウロ書簡に感化を受けて改宗した彼の思想はキリスト教の発展に大きく貢献した。


旧約から新約へ、ヘブライ語がコイネーに取って変わったから、旧約の古ヘブライローカル表記yhwhは翻字されずにキュリオスと訳されたんじゃないんですかね。

初めからギリシャ語で書かれた新約写本には古ヘブライの痕跡もない。

そのうちキリスト教がローマ国教にまでなったのも奇跡的な神慮、お導きと言い出すのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。