神の弁護

「どうかあなたの手を出して、彼の持つすべてに触れてください」(異議を唱える者)

「では彼はあなたの手中にある」(エルシャッダイ)

自分の正しさは示したいが、自らの手はよごさない神ですか。

サタンとかいうやつがヨブを悪く言うから試した(許可した)だけで、自らの手では何も悪いことはしていない、ヨブの窮境に一切の責任はないと弁護される必要のある神です。

それところか、子供が皆殺しにされても、それを放置されても、「主は与え、主は奪う」と語ったヨブの認識はそのままに、彼の方が戒められて悔い改めている。非宗教的に読めば不条理な話ですが、これが旧約と新約(パウロ)を貫く、神と人=創造性と被造性の断絶また溝だと思います。

被造性は創造性の前で自分の弁護や正当化さえできず、理由を問い質せる立場でもありません。


『あなたがたはバアルのために言い争うのですか。あるいは彼を弁護しようとなさるのですか。バアルがもし神であるならば、彼みずから言い争うべきです』(士師記:口語訳)

神の方がその溝を埋めるべく、創造性側である自らのモノゲネース(コロサイ1章)を送り、それが被造性に宿り人となったという新約の黙示は歴史的転換ですが(無機質な書き方をします)、旧約はそれがどれだけ深い溝だったかを示している。


誰かに造られたと言うのは簡単ですが、悪(と自分が思うもの)は許せない、やっつけたい、やっつけてほしい、死も怖くてイヤだ、だからこんな神様やあんな神様が造ってくれたと信じたい・・良くも悪くも自己中心の宗教願望を利用される危うさがある。

ヨブ記にはそれを率直に諌める宗教的訓話という側面があると思います。


その純粋な宗教願望を私物化する宗教権威は、ヨブの話をどんなに不条理なことがあろうがその教団の指示系統に息絶えるまで忠誠を尽くすことの教化に利用する。

人の権威を創造主のものと称し、傷つけられても、奪われても、めちゃくちゃに一方的な論理で戒められても、あなたの方に落ち度がある、悔い改めるべきはあなたの方だ、あなたは創造主(であるこの組織の神)に無条件で献身したはずだ、となります。

だれにも落ち度があるなんて当然なんですが、神の組織なるもので自分より“用いられている”人間を批判するとは何たる不遜、しかもすべてを知らないはずだ(隠しているのはどっちだ)と完全一方通行で運用する宗教権威です。

末端信者は対等に理由を問い質せる立場にはない。彼らは、彼らのワールドでは確かにすべてを知っている、意のままに祝福(特権)を与え給い、奪い給う、全知全能の神そのものです。

レイ・フランズが聖書から論じようとしても、「裁かれているのはあなたの方だ」と組織の威を借るだけで聞く耳持たない人間たちのエピソードを思い出す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR