馬鹿げた嘘

統治体が児童虐待についてわずかながら公式に何かしら言ったようですが・・

まあ、別に何かを期待していたはずもないが、予想を裏切りませんね。

組織の正当性をただ強弁しただけで、具体的な根拠や事例に全く言及しない。

WTが児童虐待を容認する、大目に見る教えを広めているなんて指摘は誰もしていない。

何回でもいちいち付き合って書きます。

彼らの「悪行者に毅然と対処している」というのは、彼らの宗教裁判ルールで極秘に“扱う”ことです。WT的証拠(本人の自白か2人の証人ルール)があり、彼ら基準で反省不十分とみなされれば排斥もするだろうが、その理由は信者にも世間にも公にならない。


そういう自前の裁判の真似事なら好きにやればいいが、きちんと証言できない、そこにつけこんで誰も見てない所でやることが前提の、子どもをターゲットにした卑劣な犯罪(刑事罰の対象)なんだから「エホバに任せる」だけじゃなく、司法の捜査と判断に任せるよう指導することなんじゃないの、という素朴な指摘です。

犯罪まで独自ルールで処理している、しかもそれを隠しているのを批判されている。


批判されているのは「どうすればともだちができますか」みたいな、JW.ORGでおおっぴらに宣伝する無味無臭の勧誘ネタじゃなく、信者にも世間にも公表しなかった個別の事例だよ。

裁判報道が嘘だと言えない(報道自体は事実と認めることになるのを避けたいのか一切触れず)だろうが、あわよくばそれさえも嘘だと信者には勝手に思ってほしいのか、「エホバの証人は児童虐待を大目に見ている」という背教者の主張は馬鹿げた嘘だ、と言質を取られないようお得意の言葉遊びで論点をずらしている。

もういい加減、そんなヘイトスピーチで不都合な情報をシャットアウトできる時代でもないですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

本当に、お花畑の信者が都合の良い方に
解釈してくれるのを見込んでの
言葉遊びでの思考誘導ですよね。

実際、この声明を通して、または何らかの経路で
裁判があることを知った信者のほとんどが
何が裁判で論点となっているか理解していないのでは
ないでしょう。

こういう、公式向けの文言を準備する人の
良心はどうなっているのか疑問です。
こんな文言を準備した人が
愛だとか真理だとかの言葉がふんだんに
使われている賛美の歌を歌っているかと思うと
気持ち悪いです。

No title

ふうむ

地下鉄サリン事件のあと、上祐氏がこんなものはばかげた嘘だ
みたいな感じで疑惑について書かれたフリップを後ろに投げ捨てたシーンを思い出しましたよ。

Re: No title

> 新緑さん

公式TVで流すくらいだから計算はあるでしょうね~

必須ワード「背教者」「嘘」「馬鹿げている」
NGワード「裁判」「報道」「賠償金」

唯一の真理を掲げる団体の最高指導者が
語る言葉にしてはお粗末すぎますよね・・

Re: No title

> スナフキンさん

そんなシーンがあったんですね。

ネットを見ている現役の方たちからすれば、この人たちは嫌いに
なってもエホバは嫌いにならないで、という感じでしょうが、
エホバのためにと思ってしている寄付が、この人たちが法律上は
無関係で指導監督責任もないと言い張るものみの協会に送金されて
いるおかしさには気づいてほしいですね。

No title

兄弟の書かれている事とズレるかもしれませんが、最近の「塔」研究で組織は、マタイ12:25を引用し、もしJWが内部で分裂しているなら、その王国は立ち行かなくなる、と正直にその聖句を自分たちに適用したのには驚きました。
キャンディス・コンティの件もそうですし、昨今の日本のJW内部で起きていること。兄弟姉妹と言いながら、そんなものは表面的なものでしかない。互いに苛立っていること。まあ事実を直視せずこれが霊的パラダイスだと自分を欺くような人間は無視するとして、そのうちJWは内部から崩壊するのではないかと感じる次第です。
いつからJWはこんなにも殺伐とし、陰湿な人間の集まりになったのかと肌で感じます。いずれにしても終わりは近いと思いますので全ては神が裁かれることですが。勿論、自分自身も含めて。ただただ真の崇拝者に近づけるよう、努力するのみです。

Re: No title

> 相場師さん

組織やWT真理に求心力がなくなっていますよね。それぞれが本当に神との個人的な
関係を大切にしだすと困るので、最近はとにかく一致せよ!ですねぇ。

それが神の差配かどうかは別として、独裁者や独裁国家が辿ってきたように、
いつか普通に自壊することはあるかもしれませんね。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR