天使と悪魔③

ユダヤ教では、モーセ中の使い(神々)は主神の意思と直結しているので、妨げる者も堕天使ではありません。キリスト教的にも悔い改める堕天使がいるとか聞いたことないですが、旧約ではさほど邪悪な存在として描かれていない(というかほとんど出てこない)のでフォーカスされることもないようです。

抵抗する者はいつ、善悪の実(天使用)を食べたんでしょうかね・・しかも使いは子作りをしないので、全員が“原罪”を犯さないといけません。

人と同じ類の自由意志を持つ天使をイメージするなら、めちゃめちゃ邪悪でおどろおどろしい悪霊を“演出”する堕天使と、神々しい翼をはためかせる完全に聖にして善なる天使の二極しかいない、というのもどうなんですかね。(だからWTは世の中の人間すべても二極に分ける発想しかない)

旧約オンリーの悪霊論には堕天使的な発想との関連はまだ見られません。旧約には何度か「やぎの形をした悪霊」が出てくるが、その由来ははっきり分かっていないものの、荒涼とした野や廃墟で動物の形を取って現れる、または動物そのものに憑く悪い霊というイメージです。

当時のヘレニズム化の影響を受けたユダヤ人が持っていた悪霊の概念を対象・想定にしていたのかもしれませんが、新約にも「汚れた霊は人から出て来ると,休み場を捜し求めて乾ききった所を通る」(新世界訳)という表現もあります。

狂犬病は悪霊に憑かれたとするのが当時の理解です。水を恐がる(ように見える)からです。英語では恐水病=hydrophobiaとも言う(知らなかった・・)。一般的に精神を患って異常な言動をする人が「悪霊に憑かれた」と恐れられたのもそういう背景なんでしょう。

とある方のブログで、イエスがその人から悪霊を追い出した、というのは悪魔祓い的な超常現象やオカルトの類ではなく、その人に対する偏見を抱いて蔑む人々の中にこそ“悪い霊”がいて、それを「追い出す」ことでその人の人間性を回復する行為だったとありました。

続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR