エホバの証人は政治的に「中立」か

エホバの証人は「アメリカの宗教」である。

このことが顕著に表れたのは第2次世界大戦の時期。

当時のWT会長ラザフォードは執拗にナチスドイツと、ナチスを支持するキリスト教関係者を名指しで非難した。

エホ証が本当に政治的に「中立」なら、国家の政治形態、主義に関係なく戦争の当事者すべては非難されるべきなのに、日本に原爆を投下したアメリカを名指しで非難したことはあまり聞かない。

ものみの塔の紙面でナチスを非難しながら、自分たちは大星条旗が掲げられた会場で大会を開いていたのは有名な話。その会場を借りただけで自分たちで掲揚したのではない、と言い訳しているが。

当然、ドイツや、ドイツと同盟関係にあった日本のエホ証は激しい迫害にさらされ、命を落とした人多数。それをエホ証が政治的に中立を保ったことの証拠だ!と自慢しながらアメリカではそのような激しい迫害はなかった。

それに疑念を抱いたのは当時の日本ものみの塔代表「兵役を拒否した日本人」明石順三。アメリカと敵対関係にあった国の信者を迫害にさらしておきながら、本部はアメリカ政府に迎合したのではないか、と。

当然、本部からの回答などなく、一方的に「背教者」としてのレッテルを貼られる。

近年でも、一党独裁時代の遠いアフリカの小国マラウィでは党員カードを買うことは税金を払うことくらいの意味しかないのに、それすら拒否するよう指示し、迫害で死なせ、それをまたエホ証は命をかけても政治的に中立だ!と美談にしておきながら、アメリカに近い隣国では、金銭(つまり賄賂)を払って兵役拒否を取引することを黙認する手紙を出していたことが元統治体の成員の手記で明らかにされている。

「中立」神話のための生贄は必要だけど、自分たちの血は流したくないんでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR