変わる歌詞

「歌の本」が新しくなるとか。今のもそんなに経っていない気がしますが。

理由は新世界訳の改訂と、聖書の理解が深まっているから、とのことで、歌詞を変えるだけでも膨大な作業です!と組織の仕事っぷりをアピールしてますが・・

ただの自業自得じゃないですか。

根本の解釈からしてもう破綻しているのに、都合よくつぎはぎするから歌詞まで変えなくちゃならない、しかも膨大な量って、それだけ聖書やその解釈の無責任な改変を繰り返してきたことを認めてるようなものかと。

さらに紙媒体の実本を待つことなく、JW.ORGにアップされるのを使って練習し、歌詞を暗記しろ、しかも初めて歌う集会では必要なら2回歌えとか・・何をそんなに焦ってるんでしょうか。ネット環境やタブレットがない人をすさまじい速さで置き去りにする、さすが神の組織。

新しい歌詞はざっと見たところ、JW的王国支配を既成事実化、世界的に高まるまっとうな批判に対する結束と布教意欲の維持、“えほば”とその新解釈を連呼させてJWアイデンティティーを強化・・こんな感じでしょうか。

神の恩寵を称えるアメージング・グレイスとかは200年以上経っても変わることなく歌われています。せめて歌詞くらいコロコロ変えなくてもいいように、特定の解釈に依存しない内容にする慎みはないのでしょうか。歌詞まで信者の教化を目的に「時に応じて」変えるものなんですかね。

今の調子でタブレット使用をゴリ押しすれば、紙媒体で全信者分を印刷・発送するコストをかけずにJW.ORGのデータをイジるだけで手軽に変えたり作ったりできるので、新解釈を既成事実化することを目的としたピンポイントな歌詞が増えてくるかもしれません。


レッツ フォローザ ガバニンバディー ジーザス フェイスフル スレーヴ!

レリカーム、レリカーム、インナ オーバーラッピン ジェネレーション~


・・とか、もっとえげつなくダイレクトな歌詞を期待してます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR