「確かな論拠」を示してください

しつこいようですが、1914年について。

ものみの塔2012年8月1日号に「イエスはいつ王となりましたか」の記事。

久しぶりに1914年の年代計算の説明。ここ何年かまともに出てこなかったので、統治体内部でもある程度の議論があったことが予想されるが、これで「1914年は撤回しない」方針は確実か。

その記事からの引用①「ダニエルは、1本の木が神の命令によって切り倒されるという幻を解き明かしました。それによると、神の命令どおり、エルサレムにあった王国は滅ぼされます」

それによると・・って、だから聖書にはその木はネブカドネザル自身である、とダニエルその人がはっきり言っているだけで、どこにもエルサレムとは書いてありません!

引用その②「聖書預言の中で、日は年を表すことが少なくありません。ですから、神の王国の支配は2520年にわたって中断されるのです」

ですから・・って、「少なくない」だけで決めつけないでください!

統治体のみなさん、「確かな論拠」を示してくださいね。こないだ奉仕会で扱われたばかりですよ?

エホ証の教科書。第49課「確かな論拠を示す」255ページ。

「もっとも,人々を誤った方向へ導くために説得を試みる演説家もいます。そのような人の話は,前提が間違っていたり,偏った情報源に頼ったり,論議が浅薄だったり,自分の見解に合わない事実を無視したり,理性よりも感情に訴えたりします。わたしたちはそのような方法を一切使わないように注意すべきです。」

ものみの塔記事をすべて否定する訳ではないですが、どうもこの「1914年」になると統治体が「感情的」になって「間違った前提」「偏った情報源」「論議が浅薄」「自分の見解に合わない事実を無視」・・これが全部彼ら自身に当てはまってしまうと感じるのは自分だけでしょうか?

「わたしがこのように言うのは,だれもことば巧みな論議であなた方をだますことのないためです」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR