かさむ寄付

近頃の現役さんのお金の悩み

消費税が8%になり、物価や生活費が予想以上に高くなっている

夫が退職し、年金収入だけになった

毎月の寄付額がかさんできた


都市部の平均的な会衆だと、毎月の会館維持等の必要経費は15万円前後あたりが多いと聞きます。信者数の平均も70~75名くらいとすると、1人あたり約2000円になります。さらに、ローカル信者の懐具合などお構いなしに要求される決議に次ぐ決議・・

・大会ホール維持費・・1人年間1000円

・巡回監督の車代・・同350円

・王国会館保険代・・同250円

・宣教者の旅費代・・忘れた

さらに最近のアンケート ⇒ 決議による世界的建設費・・これは会衆により差があるようですが、安めに見積もって月3万円としても、75人の一人あたまは月400円也。

もう決議がありすぎて、何が何の決議で毎月いくらすればいいのかもうよく分からない、という信者が続出しているようですが、決議された以上、会衆基金の口座からはものみの塔協会が容赦なく引き落としていくので、会衆基金の残高はなんか前よりも減りが早い・・

反対などできない空気とはいえ決議で手を挙げた(挙げさせた)以上、寄付しなきゃ的な罪悪感が働く。ローカル会衆基金の残高は1円まできっちり公表させています。

以上をおおざっぱに計算してあげると、毎月マストの寄付で1人2500~3000円ですよ。

それにプラスして、本当に自発的な寄付として「世界的な業」に寄付するよう“励まし”があります。マストの寄付だけでも夫婦2人で月5000~6000円程で、年金生活者の方にはけっこうな額です。まだ夫が非信者で会社勤めを頑張ってくれていれば年金もそれなりに貰える一方、夫分は寄付の1人あたまには入りません。夫に本気でエホバの証人になってほしいとは思わず、自分は自分のサークル宗教を楽しみ、それに反対しなければいい、という主婦層が増えているのも分かります。

子供のいない開拓者夫婦とか、どうすんでしょうか。

えほばが養ってくれるから、何の心配もいらない・・はずですが、本音としては最近どんどん増えていく年貢のような寄付の決議や、その送金がかさんで減り続ける会衆基金への寄付の要請から、この組織や家族の将来に一抹の不安を感じる人は少なくないようです。

彼らに伝道してあげる人が必要かもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

その上 年配者が つかいこなせないタブレットとネットに繋いだとしたら 毎月いくらの出費になるでしょうね? 

Re: No title


会衆によっては無邪気な2世女子が嬉々としてタブレットの使い方で年配者を「援助」するなど、持ってない年配者の疎外感が酷いとか・・寄付を吸い上げてメディア布教に投資して、それを活用せよと機器を買わせる・・二重苦ですね。

No title

>毎月マストの寄付で1人2500~3000円、

昔は羽振りのいい兄弟姉妹達は結構な額を寄付する人もいましたけど、このご時世、今やJWは寄付は大変ですね。汗
カトリックの場合、例を挙げれば、東京大司教区の場合は、「各自の事情をふまえ、収入の1~3パーセントを目安に毎月所属教会に納付します。」とのことですが、これは目安です。

今年の洗礼式のリハーサルの際には献金に関して信徒側の代表者からこんなありがたい説明もいただきましたw

http://anastasiaregina.blog55.fc2.com/blog-entry-1775.html

昔、研究生だった頃、お金に関してはとにかくクリーンな組織と思い、JWになったのですが、化けの皮がどんどん剥がれて行きますね。これで協会の実態に気付く人達は増えるでしょうがね。

寄付なんてしたこと無かった自分には無縁な話ですが、皆さん苦労しているんでしょうね
いつになったら、ただで与えられる音信になるのでしょうか?
お金だけもらう事に熱心な宗教になったら違いをどこで見分けるのか、分かんなくなりますね

Re: No title

> Anastasiaさん

JW側からは世の教会と言えば寄付盆が回される等のイメージばかりを植え付けられましたが、一人あたまの金額を指定して次から次へと決議で手を上げさせる、なんてやってるのは今やJWの方なんですね。

Re: タイトルなし

> お金だけもらう事に熱心な宗教になったら違いをどこで見分けるのか、分かんなくなりますね

寄付を要請すること自体が悪い訳ではありませんが、要請も懇願もしない、その類の手紙を出さない、それが真の宗教の証であると大言壮語していた割にはちょっとお粗末ですよね。そのうち、見分けがつかないくらいでは済まなくなるかもしれませんね。もうなってるかもしれませんが。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR