神の国③

旧約と新約の整合性をつけようとする時に生じる別の問題は、ユダヤ人に対する評価です。

旧約と言えば選民としてのユダヤ人の歴史、周辺諸国との軋轢、背反、回復がテーマです。

そしてなんだかんだいってもユダヤ人てやっぱりスゲーんだ、神はあなたたちと共におられるのですね、あなたたちと戦争するのはムダなんですねと武器を一斉に処分、ついていきますと懇願するかのようにユダヤ人の裾をつかみ、人類がそのユダヤ人を仲介として祝福されるという結末・・

冷静に読むと、旧約ってすごい話です。

パウロはこのユダヤ選民思想を一応は否定します。その選びは今やクリスチャンどころか、自分たちだけに受け継がれている、そして自分たちの中でも少数の上級信者だけが“真のイスラエル”であると激しく思い込んでいるのが、JW統治体です。どんなに奇妙な解釈や異例な指示を出そうと、彼らの裾をつかんででもついて来ない者に救いはありません。イエスの贖いへの信仰など、自分たちへの信仰に比べればかなりウェイト低いです。

キリスト教側から現在のユダヤ人をどう評価するかにも、諸説あるようです。

① 旧約のイスラエル(エルサレム)の回復に関する予言は、クリスチャンに対する成就とは別に、平行して進展しながら、これから成就する可能性もある。

② 旧約の予言はクリスチャンに対する成就のみ。ユダヤ人とはもう何の関係もない

JWが②の立場を取るのはいいとして、その立場を取りながら、旧約の王国が諸国をすべて殲滅するとかなんとかの部分を抜き出して、ハルマゲを起こす政府だの政治情勢だのに適用するのは一貫性がないように思います。

自分たちで世の中をその方向に持って行こう、武器を作ったり売ったり、欧米人の工作員や傭兵も送り込んで中東戦争や対イスラム戦争をもっと煽ろうぜ、とか(今のところ)考えていないだけで(巨額の資金を集めてどこに投資して何に利用されているのか知らないが)、キリスト教原理主義の記事でも書いたようにその根本的な思想においては①と似ています。シオニズムは表向き否定するが、紛争や政情悪化は「終末のしるし」として宣伝する格好のネタになるので、JW的にも結構な話でしょう。

新約筆者でも旧約の予言のどこを、どこまでイエスに適用するかには多様性が見られます。

そのことはさらに次回。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR