柔軟性

最近、やたらと布教での柔軟性とか言われているようですが・・

“個人研究”でも、答え探しでなく自分で考える力を養うようにとか・・

今さら何言ってんですかねぇ・・と苦笑してしまいます。

一方的にまくしたてる布教に押され、終末のタイムリミットというウソも勢いで繰り返せば真実に聞こえて勧誘されてきた人たちメインですよ。そういう親が結論ありきで逆らったらムチ!ハルマゲドンで殺されるよりマシ!で子供を育ててきたんじゃないですかね。

情報化社会ではそれも限界になり、反応が固い=拒否されるからって、理性的で相手に合わせた話し方にシフトしましょう、とか言っても、できるんですかね。しかも本当に理性的に論じたらJW解釈なんて都合のいいつぎはぎだらけなことがバレるじゃないですか。

それができないことを分かっているのか、最近のも塔はJW解釈を“理性的”に論じるモデル会話を一字一句原稿にした記事を作っています。中にはこれをそのまま使って、相手には相手役の言葉をそのまま読んでもらえ、という荒技を勧めるJKもいるとか。

「自分で考えるように」とか言われても、使徒17章をありのままに読んで「一人一人の近くにいてくださる霊なる神は居住の限界を持たない=遍在するという意味だと思います☆」と個人の理解として発言しても背教者扱いですよね。柔軟性がないのはだれなんですかねぇ。

だからJW解釈と少しでも違ったこと言わないように、WT資料を探して答え合わせすることが個人研究だと思っているんじゃないでしょうか。書いてあることを復唱するのがものみ研究ですよね。

劣化とマンネリ化が激しい集会・大会のお決まりの内容なんてまじめな信者でも覚えていませんが、それでいいんですよね。何度も聞いた陳腐な情報を膨大な量で垂れ流して既成事実化することが目的じゃないですか。自分で考える力を養ってほしいとか、スタンスとして見せかけているだけで、本当はそんなこと思ってないですよね。

他宗派、他宗教の信条などフェアに教えるどころか、初めから偽りと決めつけ、攻撃しやすいポイントを自前の資料で偏って教えるだけで「分かった」つもりにさせてませんか。形だけ質問して後は一方的にJW解釈をまくしたてるのが神権宣教学校=世界最高の教育ですよね。

JW関連ではないただの宗教書籍でも、相手からの本は拒否しろ、受け取るな、読むなって指導してきたのに、今さら相手の考えを知れ、柔軟に合わせろ、と言ったところで、本当に相手の信条を知りたいなんて思っていないですよね。イーブンな意見交換をすることにも、正しいか間違いかとかじゃなく、互いの信仰への理解を深め合うことにも、ぜっんぜん興味ないですよね。

自分の信仰に「危険」を察知した瞬間に理性をブロックして聞く耳閉ざすのが証拠ですよね。何度もアポなしで人様の家に来ていたのに、いきなり来なくなりますね。それって失礼じゃないですか?今さら「相手に合わせて柔軟に布教しろ」なんて指導しちゃうと、本当に道理をわきまえたら勧誘する方が目ざめて悔い改めちゃいますよ。心配です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ほんとにそうですね

GUABELLOさんの書かれることはいつもほんとにそうだよなぁ
と重いながら読ませていただいております。

>「勝った」つもりになっちゃう

ほんとに(笑)

ただ、最近、自分はこれこそが本部の目的なのだろうと思っています。
信者を「勝った」つもり 「勝っている」つもりにさせること。

じつは、はやりのタブレットも体裁のいいサイトも信者向けのものなのだろうと。
組織は最新のものを取り入れてすごい頑張ってますよ。
自分たちは頭いいんですよっていう信者向けのアピール。
この柔軟性の提案も、私たちは柔軟なんですよっていう信者向けのアピール。
自己陶酔、自己満足させることが主たる目的で決して本気で布教を広めることを目的としていない。
そう考えると最近の組織の動きも附に落ちます。
頭が悪いわけではなく、取り込んだ信者を取りこぼさないための必死の策。
もはや、先進国でまともな思考力のある人を新規開拓するのは無理であることを本部が一番よくわかっているのでしょう。

ただ、すでにマイコンになってしまった信者はかなりの確率でこの思惑通りになってしまっています。
そういう意味では、今の状況は本部からすると想定内。
思惑通りに推移しているのではないでしょうか。

ただし、その先がないことは実は本部が一番わかっていると思いますよ。

Re: ほんとにそうですね

> スナフキンさん

> ただ、最近、自分はこれこそが本部の目的なのだろうと思っています。
> 信者を「勝った」つもり 「勝っている」つもりにさせること。

そうですよね。勝ったつもり、道理にかなっているつもり、にさせる。

エホバの証人は柔軟性があり、道理をわきまえている、というスタンス
として内外に印象付けたいだけで、本当にそうなってほしいとは思って
いないでしょうね。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR