律法の外側に垣根を付け加えたパリサイ人①

律法の外側に垣根を加えたパリサイ人。

エホ証は「自分たちの組織は聖書に固く従っている」と主張するが、その実、聖書を過大解釈した規則・義務が多く、信者に負担をかける一方で、指導部は刊行物の紙面で言うだけで指一つ動かそうとしない。イエスが糾弾した1世紀のパリサイ人のようである。彼らも「自分たちこそ律法に固く従っている」と豪語していたに違いない。

1.奉仕報告制度

聖書には「幾人かが信者となった」とか「三千人の魂が加えられた」など具体的な数字が含まれている記録がある。だからといって、個々の信者が布教活動に費やした時間など事細かに長老に報告する義務がある、というのは全くの過大解釈でしかない。

世界のどの地域で人材や出版物がより必要とされているかを知りたければ、会衆単位が注文している印刷物の数、集会参加者の推移、洗礼を受けた信者数が分かれば十分のはず。

布教活動に費やす時間も、金銭の寄付と同じく「神への犠牲」であると教えているはずなのに、なぜ報告する義務があるのか。毎月の寄付額を個人名で報告させるのと同じではないのか。「各自がその心の決めたとおりに行いなさい」という聖書の言葉に逆らってはいないのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR