世界政府

「大いなるバビロン=暗闇の世界の支配者たち(新共同訳)?」の続きで書いた記事ですが、お蔵入りになっていました。でもなんか面白そうなこと、というか、笑えない感じになってきましたね。


① 王国100周年 ⇒「王国が来ますように」⇒「今年が最後の記念式になるでしょうか」⇒
「世界政府」(今年の大会テーマ)

② ブルックリン本部の売却 ⇒ ローカル法人が蓄えている運営資金も、当面必要な分だけ残してWT協会に送金するように ⇒ 世界規模では数百億円↑の回収?


何がしたいんでしょうか。児童虐待の裁判費用とかのレベルじゃないような気が・・

なぜ「世界政府」という聖書に出てこない俗っぽい単語をまた使い始めるのか・・

今やたった7人の人間によってイエスは支配している、という解釈を世界中の信者に認めさせてしまったのですから、どんな人間また人間の集団を通してイエスが支配している、という主張 ⇒ それを否定するなら「反キリスト」である、というやり方はいくらでも可能なワケで・・

JW組織と暗闇の支配者たち (いればの話) との関連を示す陰謀説も語られています。それについて何かを言うつもりはありませんが、事実としてWT協会は世界規模では数千億円レベルの資産を蓄え、投資に回しています。投資そのものは悪いことではありませんが、そのカネがどこに回され、どう運用され、何に使われているのか、一切公表しないのでサッパリ分かりません。協会内部でさえすべてを把握できる人がどれ程いるのでしょうか。彼らの資産が、何かの思惑を抱く世の支配者たちに与する金融・投資機関や関連産業に間接的に利用されている可能性はあるのかもしれません。

組織側の表向きの言い分は、タラントを増やした奴隷のごとく主の資産を合理的に増やすことも神聖な奉仕だと勘違いしているか、投資したカネがどこに回されようが関係ない、法的に正当な配当を得ているだけ、ということでしょう。

宗教とは集金マシーンにもなり得ます。信者が自発的に使役されるよう精神教化すれば、人件費のかかる製造・マーケティングをしなくてもカネ(非課税)が集まります。神を持ち出せば、「ベストな方法で使われている」の一言で、使途を公表せずとも従順な信者は満足し、さらに「この宗教は寄付集めなんかしていない」と擁護までしてくれます。

世の支配者たちからすれば宗教上の教義の違いや不毛な争いなど、どうでもいいことでしょう。むしろ宗派間の対立は不満のはけ口になり、宗教的熱狂を煽るのに有効です。“キリスト教”に幻滅した信者の受け皿となる団体ができて、信者とお金を再回収してくれるならありがたいことです。そういう意味で有用な器の一つとなってきたJW組織が存続するためには、1914年を仕切り直しできる程の何かが起きることが必要かもしれません。

ブルックリン本部の売却・・最近のビデオクリップでは、統治体は神の王国(世界政府)のためには物に執着しないとか、歴史は読む物だが自分たちはその歴史のページを書いている、とか仰っています。あくまでJWの歴史のことを言っていると思いますが、以前の記事で書いたように「歴史は自分たちが作る」「聖書予言は自分たちが成就させる」という信念は、現在は良好な関係にあるユダヤ人シオニズムとアメリカ白人キリスト教原理主義に共通するものです。なんかこわい。(一応、JWは表向きシオニズムを否定する立場)。


これはただの噂話です。しかし「聖書のクリスチャンに倣う」と称する組織が莫大な世界的資産を蓄え、その額や使途を信者にさえ公表していない、というのは異様な事実です。

それどころか、ついにローカル会衆が1円単位で収支公表していた運営資金まで吸い上げることで、ただでさえ不透明なカネを桁外れの規模でさらに増やそうとしているのも事実です。こんなウワサを封じるためにも?一刻も早く、会計状況を公表してほしいものです(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ううむ。
>児童虐待の裁判費用とかのレベルじゃないような気が・・

今回の指示は自分もこれを感じています。

本当の意図はどこにあるんでしょうかねぇ・・・?

今年中にコンティ裁判の判決が出るとのことですので
さすがに確定したら隠しきれない→覚醒者続出
あるいは、会衆単位での造反の発生も予測
の流れから、寄付がもう集まらなくなる、の見通し

で、今のうちに中央に集めるだけ集めておけ
とのことかと思ったりします。

しかし、最近は大博打の連発ですね
重なる二つの世代の見解などおそるおそる出してみたけれど、
みんな従順に従ってくるので・・・。
で、意外といけるじゃないか。 と、調子に乗ってエスカレートしてきてるんですかね
ヒトラーが民衆を煽ることに成功したように、人間なんて操るのは意外とチョロいのかも知れませんね。

Re: No title

この記事は、世界政府なんて単語をまた使うもんだからちょっとからかってみただけですが、いろんな思惑や事情が絡んでいるのは確かでしょうね。

もともと決議していた世界的な業への寄付、巡回さん車代、宣教者の旅費代、大会ホール維持費、そして今回の世界的な建設費用・・実際、これだけ決議のオンパレードなので、ローカル会衆基金では不足する可能性もきっちり秘密の追伸で触れられています。それでも、世界的な業に入った寄付を転用せず、そっちはそっちで全額送金しろ、寄付の必要性について思い出させろ、と指示しています。

これだけ決議を取らせると、信者側は毎月の不足が生じないよう、年貢のように一人当たりのマストの寄付額に大体の目安をつけざるを得なくなる訳で・・アンケートも匿名で取らせるあたり、本当にイヤらしいくらいギリギリの所で勝負してますが、大部分はついて来る、と踏んでいるのでしょうね。でもこれでもまだ自発的だと思う人はどっかオカシイです。

No title

うーん。

ほんとに、ここまでくると

まじめにああだこうだ言うのがばからしくなってくるほどに
お話にならないですよねぇ~

ほんと、そこらへんの宗教とまったく同じ

言葉は悪いですけど、なにも思わず、エホバエホバと言っている人たち
頭が悪いんだろうか? と思ってしまいますよ(ToT)

Re: No title

自分もかつてはお金や時間を捧げた組織にこうまで露骨にお金集めをされると・・

もう笑うしかないですが、ちょっと悲しくもなりますね。

No title

はい

かつて、演壇からこの生き方のすばらしさについて熱く語っていた自分を思い出すと
すこし、涙で前がかすんで見えてきます

あ、いまでも、たまに上がるんですけどね   とほほ

No title

な、なんとWTJWは実は信者から莫大な金を吸い上げ、投機、運用する宗教の仮面をかぶった巨大な投資銀行、あるいはヘッジファンドだったのですね(笑)投資の対象は通貨、債権、株式、不動産、、何でもありでしょうか。こんな身近に機関投資家がいたとは。
しかも末端の信者、会衆には一切配当が出ない(笑)。JW的貧乏生活を信者に強いながらさらに搾り取る訳ですね。ウシジマ君も真っ青ですね。
しかも私にはJWにありがちな大学進学、というような人生におけるリスクヘッジが一切ありません(笑)
会衆から愚弄され、陰口を叩かれ「ラブシャワー」ならぬ「ヘイトシャワー」を浴びながらも社会人、という選択をした事が唯一のリスクヘッジでしょうか。私はその選択に一滴の後悔も迷いも曇りもありません。滅ぼされるのなら、裁かれるのならそれまでです。それくらいの覚悟はあります。
JW的ヒエラルキーの最下層に位置する私は「特権」に凝り固まり勘違いしたプライドの高い、偽善的で独善的で歪んだ、傲慢で腹黒い人たちと働くなどと言う事は想像もしたくありませんでした。JW内のイジメは本当に陰湿で強烈ですから。精神的、感情的にかなりキますね。悪魔的です。キリスト教世界云々、パリサイ人云々言えたものではない。下々の人間を「アムハーアーレツ」扱いするなど彼らにとっては朝飯前です。
とにかく・・・莫大な資金の流れ、使途を明確にしてもらいたいものですね。自分たちの正直さをそれだけ前面にプッシュするならば。世間一般の企業の方がよほど真面目に正直に詳細に決算報告してるんじゃないですか?そうでなければ粉飾決算で下手すれば上場廃止ものですから。

Re: No title

> 相場師さん

ノッてくださりありがとうございます。でも現役さんには、もはや行き先不透明なWT協会の今後を考えるとリスクヘッジの必要がある、というのは冗談でもなんでもないかもですね。

自分もJWが「世の人」と差別的に言うのを聞くたびに「地の人」と蔑んだパリサイ人を思い出します。

遅れてきた共産主義?

世界政府・・・
遅れてきた世界同時革命?みたいなことをJWはしているのか?と思いましたけど。

世界政府で昔のソ連共産党の本部のコミンテルンを宗教の世界でしたいのか?

何とも時代遅れの発想で何か化石みたいな発想かな?

こんなことをしているからエホバの証人って日本共産党とか朝鮮労働党とか中国共産党みたいなことをしていると誤解もされると思うんですが。

今年は自分の家に迷惑な世界政府のビラがなくてよかったです。どうも最近、信者が勢いがなくなったのかな?

Re: 遅れてきた共産主義?

> 証さん

> 今年は自分の家に迷惑な世界政府のビラがなくてよかったです。どうも最近、信者が勢いがなくなったのかな?

勢いがなくなっているのもありますし、証さんが仰るように、何か時代錯誤の政治思想と思われかねない「世界政府」という単語を前面に出したビラは、テンションが下がりつつある現役信者にもそれなりの違和感があったのかもしれませんね。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR