消えたパン

ここ何年かは記念式の招待状からパンとワインが消えていましたが、今年もそうでした。かの有名な「最後の晩餐」ですよ~、みたいな感じで宣伝していた時期もありましたが、やはり「食べたり飲んだり」する場ではないことをアピールしたい模様。

『イエスはパンを取り,感謝をささげてそれを割き,それを彼らに与えて,こう言われた。「これは,あなた方のために与えられるわたしの体を表わしています。わたしの記念としてこれを行ないつづけなさい」。また,晩さんがすんでから,杯をも同じようにして,こう言われた。「この杯は,わたしの血による新しい契約を表わしています。それはあなた方のために注ぎ出されることになっています」』

マタイではこうなっています。

『イエスはパンを取り,祝とうを述べてからそれを割き,弟子たちに与えて,こう言われた。「取って,食べなさい。これはわたしの体を表わしています」。また,杯を取り,感謝をささげてからそれを彼らに与え,こう言われた。「あなた方はみな,それから飲みなさい。これはわたしの『契約の血』を表わしており,それは,罪の許しのため,多くの人のために注ぎ出されることになっているのです」』

何を「行なう」のかと言えば、イエスの記念としてパンを食べ、ぶどう酒を飲むことです。

『わたしの肉を食し,わたしの血を飲む者は,ずっとわたしと結びついているのであり,わたしもその者と結びついています』

今のところ、パンを食べ、ぶどう酒を飲む、という物理的行為そのものに、救いやイエスを自らの内に住まわせることと直接の関係がある、とは考えていません。

『あなた方は自分が何を求めているかを知っていません。あなた方は,わたしが飲もうとしている杯を飲むことができますか』

『わたしの父よ,もしできることでしたら,この杯をわたしから過ぎ去らせてください』


これは自分なりの捉え方ですが、当然、「イエスの杯」には血を注ぎ出すことも含まれていました。指導部はその御利益 → だから感謝しましょう、奉仕しましょう、ばかりを強調しますが、↑の聖句からすると、その杯から飲むことはクリスチャンとして生きる覚悟の程をも表すもの、と感じます。何せイエスの流されたその血を飲むのですから。言われるがままに、回ってはくるがだれもその杯に手をつけず、「過ぎ去らせ」ていく様は悲しい限りです。

いずれにしても、JWも認めるようにイエス本人が「行ない」として続けるよう与えた数少ないおきての一つですので、食べたり飲んだりすることをやめさせる理由もよく分かりません。

『パンにあずかる人は全くいないか、いるとしてもごく少数でしょう』

仮にJWが解釈するように、食べたり飲んだりするのが「14万4千人の残り者」のみ、とすれば「これを行ない続けなさい」という命令も、その人たちだけのものです。何かそれを特権階級のように仕立てたり、食べたり飲んだりしない見守る人?=ギャラリーを集めて食べにくい空気を作ったり、しかもクリスチャンでない人も呼びなさい、とは言われていません。

贖いや2つの希望についてのJW解釈発表会なら、別にこの夜でなくてもいい訳で、パンとワインさえ消えてしまった招待状に「特別なご案内」と書かれても一体何の集まりなのか、ますます分からなくなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 さて、今後の記念式はどうなっていきますかね。パンとぶどう酒に与る人が増えることで、静かな反抗が続いていくのか。

Re: No title

自分的にはかなりどうでもよくなってきましたが、一応、順調に?増え続けていますね。
増えたら増えたで公表するのをやめるような気もしますね。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR