物質の人

JWがそうした方が有利な場合は、物質的・科学的になる一例が魂の不滅を否定する論議です。

『どうしてそんなことがあり得るでしょうか。人間の五感は思考と同じく,すべて脳の働きと結び付いています。人が死ぬと,脳は働かなくなります。人間の記憶,感情,五感などが脳とは別個に,不可解な方法で機能することはありません。脳が破壊された後は機能しなくなります』

・・えーっと、じゃあ天に召される“14万4千人”って、何かの“脳”を持ってるんでしょうか。まさに人間には説明できない不可解な仕方で彼らの思考・記憶は続きませんか。死後、天に召されることを誠実に願うクリスチャンが信じているのはそれと全く同じことではないですかね。

魂の本質について考察するなら構わないのですが、神の事柄を論じるのに、物質的論議を持ち込むのもどうなのか・・このメイン教材を使いながら感じていました。そんなことツッコんでくる研究生はいませんでしたが(笑)。こうやって何も疑問に思わない従順なJWは出来ていくのか・・と他人事のように思っていました(「ここは普通に科学的ですね」と仰った方はいました)。

マリアの処女懐胎など、聖書は不可解なことでいっぱいです。でも聖書に書いてあるから信じる、それがクリスチャンの信仰だ、ということは基本的にはJWも同じなのですが、この例が示すように他宗派を差別し攻撃する時は「合理的説明」や「科学的根拠」を持ち出して否定に回ります。


神の事柄も、神の霊を別にすれば、だれも知らない」

物質の人は神の霊の事柄を受け入れない・・それは霊的に調べるべき事柄だからです」



宗教上の教えにおいて合理的説明を試みることがいつも悪い訳ではありませんが、神の事柄を既知の物理イメージや科学的知識で縛りすぎるのもどうかと思います。

三位一体を信じていない人は少数派とは言え、キリスト教の中にもいましたし、今でもいます。JWだけではありません。そういう人たちの信仰も尊重されるべきで、異端と虐げてきたキリスト教の歴史にも人間的な過ちはあると思います。

でもJWがその逆襲と言わんばかりに執拗に三位一体を攻撃してきたやり方にも、物質的論議が多いように思います。(神の実体は1つの場所にしか存在しない、聖霊は電気のようなエネルギー・・など)

最近では、宇宙年齢を使って“特殊”創造論という差別語を作ってはファンダメンタル系の信仰を攻撃します。リベラル系の信仰を攻撃するためには、アメリカではやりのID説(=だれかが設計した説:最近のハリウッドSF映画に多い)を採用します。唯一の独自路線をアピールして、あらゆるキリスト教系の信仰を否定し、混ざり合うことを拒否し、そのために使える科学や権威を都合よくチョイスします。

「真理は一つ」しかありません。でも前にも書きましたが、すべての人間が一致している真理など大げさに言えば、まだ「地球が丸い」程度のことです。

「自分たちはこう信じている」と言うのは全く自由ですし、ある程度、他宗派の信条とも比較して、どう“違う”のかを説明するのもいいでしょう。違うものをとにかくまとめようとするエキュメニカルが正しいとも思いませんが、何が何でも唯一無二の組織であるべき、という自らへの縛りが、信者に対しても要求し、制限し、裁き・・というおかしな方向に進んでいる一因なのだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なるほど。たしかに。
その観点では考えたことがありませんでしたね。
死後の魂を科学的に否定するのであれば、天的級の命はいったいなんなのか?
科学的に説明がつきませんね。ほんとだー。

Jwの教えは、自分もそうだったのですが、進化論を科学的に否定して、創造論を科学の分野から説明しているところがキリスト教としては新しく、説得力があったように思えたのではないでしょうか?

>そのために使える「科学」や「権威」を都合よくチョイス
ここらへんが結構うまくてかっこよく思えるのかもしれませんね。
”気が利いている”というか(笑)
しかしそれもそろそろ通用しなくなっていますが。

しゅばらしい

初めまして、baabと言います。足跡からお邪魔します。
記事の批判っぷりに高ぶって思わず書き込みました。

[ たぶん反キリスト ]を自負するこの僕が思うに、
ここまでの高等な批判を展開できるGUABELLOさんは、
将来来る反キリストにとって騙しやすいだろうなと思いました
(この事を見抜く僕はもっと騙されやすいだろうな)。

一見無矛盾な偽証ができる人ほど、統一宗教に近いです。
統一宗教は目の開けてしまった集会で、災いしかありません。
真理を形式化していますから。
こうなったらもう律法主義地獄です。
バビロニアンタルムード教徒が目指す地獄です。
科学教徒は核兵器地獄と原発天国を実現してくれましたよね。

宇宙年齢がどうたらとほざく半端な科学教徒に比べたら、
ずっとGUABELLOさんの方が科学教に向いていますね。
侮辱ではありません、誘惑です。

反証は幾ら積み重ねても、反証です。
救いは、イエスキリストをいつ信じるかです。
世の初めから終わりまでそうです。

いつ信じるの、今でしょ!?(もう流行過ぎましたかね)
分かっていても、浮気するんですよね~反証に。
不安にさせられますからね、科学教徒が豪語する現象の矛盾に。
あと死も怖い。

僕なんか、アブラハムの偉業が怖くてちびりますよ。
神の親切を信じて、愛する子を捧げまでするなんて。

Re: No title

>スナフキンさん

自分もJWが創造を主張してきたこと自体は尊重したいです。でも最近は創造を信じている人にまで、「科学的根拠」を使って「特殊」創造論であると攻撃を始めています(自分も6日間創造を信じている訳ではないですが)。

科学的な傾向はますます強まっていて、洞察の本でも神の奇跡でさえ物理法則を超えてはいない、と言って超低温で生じる伝導現象を“根拠”に挙げます。その極致とも言える「創造者」の本ではマリアの処女懐胎をE=mc2で説明しています。

それがこの記事で取り上げた持ち込むべきでない所にまで科学的論議を使い出す原因になっていると感じます。「奴隷」や「1914年」の解釈では統治体を信ぜよ、の1点張りです。確かにもう通用しなくなってきてますよね・・

Re: しゅばらしい

>baabさん、初めまして

自分もこの問題をどこまで追求していいのやら思う事もあります。批判に批判、反証に反証を重ねてもキリないですしね。

ただ、持ち込むべきでない所で「科学的根拠」を持ち込み、局所的な聖書の字句をあまりに単純化させて他人の信仰を攻撃するようなやり方は指摘したいと思っています。

どき

>他人の信仰を攻撃する
なんか胸が痛くなかったです……
否に否を、極めていないからとか信じるから。
原爆に関わった奴ら、許せそうにないです。
財産を貪る奴らも。そんな資格ないんだけど。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR