1914年⑩

1914年と過ぎ去らない世代を強調していたころは、「今や1914年に主の日が始まってからすでに○○年が経過しました」という文句で終末を煽っていた。

「世代」の解釈変更で1914年がトーンダウン、しばらく終末を煽るような記事が少なくなったが、ここ数年、また終末を強調するような話や記事が増えてきた。

その際に1914年の代わりに使われるのが、今度はダニエル2章の「像」の予言。

その像は、頭が金、胸が銀、腰が銅、脚部が鉄、足とその指が鉄と粘土の混合物でできている。

金の頭部は当時存在していたバビロニア帝国。これは聖書にはっきり書いてある。それ以降、像の各部によって表わされている4つの王国が次々に世界を支配し、最後の足の部分にあたる王国が支配している間に、神の王国が像のその部分を打ち砕く、という預言。

エホ証解釈では、胸はペルシャ、銅がギリシャ、鉄がローマ帝国、となっている。そこまではいいとして、最後の足の部分、鉄と粘土の混合物を「英米世界強国」としている。そしてこの「英米世界強国」が最後の大国になるはずだから、「終ワリハチカイ!」という訳です。

「英米世界強国」って何ですか?そんなくくり方、一般の歴史で聞いたことありませんが。

ローマ帝国がいつ滅亡したかはいろんな見方がある。エホ証は神聖ローマ帝国が滅亡した19世紀初頭までその名残が続いていた、との観点を採用している。その時期に大国となったのはもちろん大英帝国です。でも大英帝国の時代に終末は来ていない。それで現在の超大国であるアメリカと強引にくっつけて「英米世界強国」としている。

でも百歩譲って像の足が「英米世界強国」なるものだとして、一体終わりはイツナンデスか?エホ証の解釈によれば、その前のローマ帝国なんか1800年以上存在したことになるんですよ?

アメリカ一国の超大国時代が揺らいできたのは事実。それで「英米世界強国」の終末が近いのでは、との期待からこの像の話を持ち出し始めたんでしょうか。相変わらず目先の世界情勢に右往左往するだけで場当たり的。

アメリカとソ連が超大国だった頃は、ダニエル11章の「南の王と北の王」の予言が人気だった。「南の王」がアメリカ、「北の王」がソ連で、その2つの大国が「押し合って」いる間に終わりが来る、みたいな。

でもソ連は消滅しても終わりは来ない。それでこの予言はサッパリ語られることがなくなった。あれれ?「北の王」が「最後の軍事行動」を起こすまで終わり来ないんじゃなかったですか?たった10年前の解釈ですよ?

こんな感じでかれこれ100年以上も手をかえ品をかえ「終ワリハチカイ!」と言い続けると、狼少年のように、いざ本当に終わりが来るときに誰にも信用されなくなるんじゃないですか?それでも「自分たちの警告を聞かなかった」って言えるんですかね?それとも信者を混乱させてきた責任を問われるんでしょうかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

そうでした!
北の王はソビエト連邦だと教えられていましたね~
冷戦時代はそれに注目していよいよ終わりは近いのか?
と、真剣に考えていましたよ。
もう、普段は忘れちゃってますね~(笑)そんな時代があったことは(笑)
あと、1986年だったかな?
1985年からペレストロイカが始まって冷戦が終わり国連が1986年を国際平和年と定めて
いよいよ、「平和だ安全だ」という預言の成就か!?
と、テンションが上がったのも思い出しましたよ。
いえ、その頃はまだ純粋な少年でしたけどね  なつかし~
でも確かにあの頃は、今よりはるかに緊急感は感じてましたね。(笑)
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR