スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神は全能?②

前記事で書いたように、人間の自由意思が神でさえ立ち入れない絶対不可侵の領域である、と考えてしまうと神の行動がリミット=制限されます。

しかし現在のJW解釈は、あくまで個人の選択と意志が先にある、という主張です。

『神は個人の反応の仕方にしたがって,その個人を当人が自らの意志で選択した方向に形作ることもおできになります。・・個人の選択がそのようなところまで達したなら,その時点でその人の歩みの最終結果を予知して予告するとしても,それは不正なことではなく,人の倫理的に自由な行為能力に対する侵害でもありません』(JW発行の『洞察』)

神に対して、それは人間への侵害ではないって・・これを書いた方、何者ですか。

一方で聖書には↓のように、選びに関する神の意図は人間の業に依存しない、また好意的な反応を示した人間だけを憐れむのでもない、と書かれています。

『彼らがまだ生まれておらず,良いこともいとうべきことも行なっていなかった時に,選びに関する神の意図が,業にではなく,召される方に引き続き依存するため, 彼女に,「年上の者が年下の者の奴隷になる」と言われたのです。「わたしはヤコブを愛し,エサウを憎んだ」と書かれているとおりです。 では,何と言えばよいでしょうか。神に不正があるのですか。断じてそのようなことにはならないように! 神はモーセに,「わたしはだれでも自分の憐れむ者を憐れみ,自分が情けをかける者に情けをかける」と言っておられるからです』

この言葉を書いたパウロ自身がそれを経験しました。当時彼がしていた業はイエスの弟子を迫害することであり、そのことに何の疑問も感じず、変化する意思も持ち合わせていませんでした。彼が何の選択もしない内に、神は彼を「諸国民への使徒」に選びました。神がサウロの何を見て、何の理由で選んだかは分かりません。ただ、神はご自分の憐れむ者を憐れむのです。

『わたしはそうした罪人の最たる者です。それなのにわたしが憐れみを示されたのは,わたしの場合を最たる例としてキリスト・イエスがその辛抱強さの限りを示し,永遠の命を求めて彼に信仰を置こうとしている人たちへの見本とするためだったのです』

いずれにしろサウロの改宗は神の憐みと偉大さを例示するものとなりました。サウロがまず悔い改めたから憐れまれたのではなく、神が彼を選び、憐み、形作ることをされたのです。アナニヤの努力がサウロを改心させ、救ったのではありません。

全体的に見て個々の救いがその人の選択にある程度依存している、というのは間違っていないと思いますが、一方で神はいつでも特定の個人を選び、その人を自分の意思のままに形作ることはできないでしょうか。創造者を信じる人がそれを不正だの侵害だの言うことはできないでしょう。

聖書が示すこの神の至上の権威は信じる個々の人が受け入れるべきもので、教会や組織や少数の人間がその権威を全面的に代表しているといって抑圧し、虐げ、支配してきたのがキリスト教の歴史です。JWも今やその同じ穴に陥りつつあります(もう遅いか)。

ガッチガチの予定説は今ではキリスト教内外であまりウケがよくないので、そこをついて完全否定してきたのがJWです。でも人間の自由意思を絶対不可侵の領域にして神の全能性を制限し、さらに布教量とテクニックで人を救える、それを怠ると自分の救いも危ういぞ、と信者に罪悪感を抱かせてきました。



この記事のパウロの教えを普遍化したのがカルヴァン主義(予定説)と理解しています。カルヴァン主義は勤労と蓄財もOK!なのでJW組織が目の敵にしてきたのでしょう。神の主権を強調するあたりはしっかりカルヴァン主義の流れなんですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

話がちょっとずれますが

以前、プロテスタントの改革派教会で求道していたんです。そこは当然、カルヴァン系ですが、改革派は「カチコチ野郎」とか言われたりして確かに真面目なんですが、落ち着いた感じでインテリな感じの人達でしたね。そこで長年在籍している信徒さんに「予定説」について尋ねてみたことがあるんですが、「柔軟な見方」をされていましたね。きっと人間として円熟されている人なのだと思いました。
改革派の雰囲気は礼拝堂に十字架が置いてない教会があったりするのと真面目なとこがちょっとものみに似ているんですがねw

Re: 話がちょっとずれますが

プロテスタントでも予定説にこだわらない人は増えている、という話は聞いたことがあります。かといって現在のJWのように逆の極端に走ると、業で人を救い、業で救われる、になってしまいます。最近の“奉仕会”は、セールストークや“顧客”管理のテクニックを1つずつ学んで、翌月にその成果を発表させるなど、保険代理店の新人研修会みたいになってきました。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。