どうしたんですか?

一体どうなっちゃうんでしょうか、この組織。

今度は大会ホールメンテナンス基金で一人当たり800円だそうです。

・・ちゃんと各大会ホールに自発的にできる寄付箱ありますよねー。もう自発的では足りない、って素直に言えばまあしょうがねぇかくらいの気持ちにも・・なりませんが、「皆さんには大会ホールを維持するための責任と特権があります」てな感じの相変わらずの超上目線。

これも年毎になるっぽいので「巡回監督の車代350円」「王国会館保険代250円」と合わせて、年間1400円ナリ。これもう自発的どころか会費ですよね。これまでは一人あたま300円前後と小刻みの徴収でしたが、いきなりの800円。消費税と同じで子供も対象ですよ?布教に参加している小学生からも年間1400円て・・神の組織がきいて呆れる。勝手に作って、維持するのお前らの責任、とか勝手にゆうのやめてください。

しかもこのペース、まだ増える可能性ありますね。「ベテル奉仕者援助基金」「神権的な学校援助基金」「印刷設備メンテナンス基金」など、小出しにすれば名目などいくらでも作れるので。

徐々にこういう形での徴収が増えていくとは思っていましたが、こんなにすぐ別枠での寄付集めを始めるとは予想していませんでした。自分が考えていたよりも組織のお金事情が危機的なのでしょうか。お会計は「別」法人様のことなのでさっぱり分かりませんが(涙)・・まさかこの手紙も「掲示板に貼るな」なんて狡すからい指示を裏で出してないでしょうねぇ。せめて、会計状況を知らせる義務がない「傘下にない宗教サークル」に送金を指示する「単立宗教法人:ものみの塔聖書冊子協会」名義の手紙を掲示板に堂々と貼れ。そしたらだれか写メして文化庁に送ってください(他力本願)。マジで。

「『シオンのものみの塔』はエホバがその支持者であるとわたしたちは信じる。そうであるかぎり,この雑誌は人間に支持を乞い求めたり,懇願したりはしない。『山々の金と銀はみな我がものである』と言われる方が必要な資金を供給しないなら,それは出版を中止する時である,とわたしたちは考える」

『この趣旨と調和して,エホバの証人の文書の中には,お金を乞い求める箇所はありません。・・寄付盆が回されることも,お金を入れる封筒が配られることも,寄付を依頼する手紙が会衆の成員に送られることもありません。・・1894年の昔に,ものみの塔協会は旅行する講演者を派遣した時,すべての人のために次のような通知を出しました。「寄付集めや,金銭を懇願する他の行為は,当協会によって許可も承認もされていないということを最初から理解しておいていただきたい」』


「他の偽りの宗教」とは違って自分たちは「寄付集め」は絶対にしない、との大言壮語を反古にして、一人あたまの金額を指定して寄付の決議を要請する手紙を次々に出し始めた組織・・だれにも寄付集めという行為を許可も承認もしません、と言っていた当の協会自身がし始めた訳ですから、本当に末期的な症状なのかもしれません。そうか、上目線で書けば依頼でも懇願の手紙でもないって言えますね(笑)。指示してるんですから←もっと悪いような気が・・

「神が資金を供給しないなら、それは出版を中止する時である」

組織に忠実な頃はまさかとは思っていたものの、その「時」が予想以上に近いのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まあ
文書や雑誌に寄付額が提示され、実質金銭と引き換えにしか学べなかった時代と比べれば全然マシ
嫌なら寄付しなきゃいいし
というかんじでよくわからない決議には賛成も反対もせずにやり過ごしてます

Re: タイトルなし

結局、印刷物と引き換えに確実に「寄付」を集めるシステムが「商売」まがいになるとの指摘で廃止になったので、少しでも安定して確実に入る金額を確保しようという苦肉の策なのでしょうか。

嫌なら寄付しなければいい、というのはその通りですが、そうすると苦しくなるのは地元会衆の財政で、決議を取らせて「ものみの塔協会」には確実に一定額が送金されるようなやり方をしておいて、エホ証の寄付はすべて「自発的」と公式で謳うのはどうかと思います。

No title

あともう一個不思議に思うのは、金額は伝道者数で、決議に参加できるのはバプテスマを受けた成員だけなんですよね。
細かすぎますかね。

Re: No title

そこもおかしいですよね。伝道者は組織に忠誠を誓う儀式をしておらず会衆の成員とはみなされないのに、一人あたまでも多く集めたい、そんなところでしょうか。

寄付なんて、べテルのやつらが、祈れば神が金くれんだろって思ってやったこと一度もないです。

Re: タイトルなし

> 元証人さん

アンケートだの決議だの取らせておいて会計を公表しない、さらにその一部を自分たちの生活費や身の回りの雑用をやらせる人間を雇うために使っている訳ですから、まだ現役でも同じように感じる人は増えていると思います。

寄付なんて1円もしたことなかったなぁ
神がいるなら、必要な時に備えんでしょ?って思ってるって言ったらみんなドン引きしてました。

Re: タイトルなし

神の言葉や救いがコストのかかる手段に依存していること自体がおかしいですね。
でも正論を言うとドン引きされますね。
プロフィール

GUABELLO

Author:GUABELLO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR